e発明塾通信 vol.742(2020年6月22日号) 「忘れ物防止タグ」が作る「スマート」な町~コミュニティの価値を可視化し、向上させる
見出し画像

e発明塾通信 vol.742(2020年6月22日号) 「忘れ物防止タグ」が作る「スマート」な町~コミュニティの価値を可視化し、向上させる

e発明塾

無料登録で最新号が配信されます!是非ご登録をお願いします!

・・・ e発明塾通信 vol.742(2020年6月22日号)

「「「 「忘れ物防止タグ」が作る「スマート」な町~コミュニティの価値を可視化し、向上させる 「「「 


こんにちは、「発明塾」塾長の楠浦です。

本日は、過去に発明塾や本メール講義で取りあげたエッジ情報の続報、関連情報を取りあげます。

以前の配信で、

「ご近所さんが、宅配荷物の見守りをしてくれる」

仕組みを備えた

「防犯ドアベル」

を紹介しました。


「安全なコミュニティーを創る」ため、「荷物受け取り」をテクった エッジ企業
https://edison-univ.blogspot.com/2017/01/blog-post_30.html


その後、上記で取りあげた エッジ企業

「Ring」

は、アマゾンに買収されました。


この情報を、発明塾(学生版)で取りあげた際

「安心安全なコミュニティー」

を実現する、というのは、

「スマートシティー」

の一つの目的ではないか、というお話をしました。


その後も、

「より良いコミュニティーの実現」

「テクる」(テクノロジーで加速する、を意味する、発明塾用語)

取り組みを、探しています。


一つ、見つけました。

以下記事にある、忘れ物防止タグ

「Tile」

です。


忘れ物や盗難をスマホで監視。注目のスマートタグを徹底チェック!
https://mainichi.jp/articles/20181004/gnw/00m/040/008000c


よくある、忘れ物防止タグは

「一定の距離離れると、知らせる」

というものです。


Tile には、さらに、以下のような機能があるそうです。


==以下、抜粋引用

ほかのTileユーザーのスマホの位置情報を通じて、アイテムがどこにあるかを探せる機能もあります。自分のTileがほかのTileユーザーとすれ違ったときに、そのユーザーのアプリから位置情報を収集して教えてくれるというもの。
必ず見つかるという保証はありませんが、ユーザーが増えるほど見つかる確率がアップするしくみです。

==抜粋引用、以上


つまり、

「一度なくしてしまっても、みつかる(かもしれない)」

仕組みまで、作り込んでいるわけです。


以下の、かなり気合が入った特許にも、同じ内容の記載があります。
(分割出願を、一つ一つ読み解いてみたいところです)

Tracking device operation in behavior-classified zone
https://patents.google.com/patent/US10244352B2

この続きをみるには

この続き: 4,913文字

e発明塾通信 vol.742(2020年6月22日号) 「忘れ物防止タグ」が作る「スマート」な町~コミュニティの価値を可視化し、向上させる

e発明塾

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😃
e発明塾
e発明塾では、特許や知財に関する情報や、弊社eラーニング講座の紹介をします。 またメルマガのバックナンバーやセミナー動画など、事業に役立つ情報の販売も行っています!! HP:https://e-hatsumeijuku.techno-producer.com