8月は日本のどこかで田舎暮らし

18
記事

#北の国から2019夏② 冒険のはじまりは18時間の船旅から

一ヶ月間のプチ移住へは、いつも飛行機や新幹線などの公共の交通機関ではなく、自家用車で向かいます。

なにしろ一ヶ月分の家族の荷物を運ぶのです。滞在する家に備わっている生活道具は、場所によってマチマチですが、足りなさそうなものを自宅から持ち込むので、必要最低限におさえたつもりでも、それなりに嵩張ります。また現地でも、食材の買い出しなどの日常生活にどうしても車が必要です。

そんなわけで今年ももちろん

もっとみる
ムチャス・グラシアス!
2

#北の国から2019夏① 今年は念願の北海道へ

今年も8月がやってきて、家族で一ヶ月間プチ移住しています。今年は、念願の北海道です。

プチ移住については、note「8月は日本のどこかで田舎暮らし」に時々(かなりムラがありますが…笑)に書いていたり、先日は雑誌「tocotoco」にも取材していただきました。

いつもは「さぁて、今年はどこに行くかねぇ」から始まる移住先の検討。今年は始めから、ずっと以前から「いつかは行ってみたいよね」と話していた

もっとみる
嬉しいです! ありがとうございます。:D
7

#岳の国から2018夏⑨ - 子どもたちに感想を聞いてみました

今年で4回目となる8月のプチ移住。
子どもたちに、北杜滞在の感想を聞いてみました。

日向子(6歳8ヶ月・女の子)に質問です

北杜は楽しかったですか?
ーはい。でも、キックスクーターを持っていったんだけど、できなかったので残念でした。

どんなところが楽しかったですか?
ーべるがの噴水公園が楽しかったです。

北杜ではじめて体験したことはありましたか?
ー機織りでタペストリーを作りました。

もっとみる
ムチャス・グラシアス!
12

#岳の国から2018夏⑧ - 北杜市(周辺)で出会った美味しいものたち

8月の北杜滞在で、子どもたちと遊びに行ったスポットは既にまとめたけれど(子連れお出かけメモ ①・②)、わたし自身は密かに、Instagramや Twitterなどでフォロワーの方に教えていただいたりオススメされた美味しいものや、ネットや雑誌などで見て気になっていたお店に行く予定を、家族の行楽の合間にいかにねじ込むかに執念を燃やしていました。

これから北杜へ行くかもしれない方たちの参考に、また、わ

もっとみる
ありがとう♡
6

#岳の国から2018夏⑦ - 仕事と暮らしを振り返る

8月のひと月は東京を離れて田舎で暮らしつつ夫がリモートで仕事をする、というのをはじめたのは3年前。長野(#山の国から2015夏)→ 秋田(#なまはげの国から2016夏)→ 岐阜(#清流の国から2017夏)とやってきて、今年の山梨・北杜ステイ(#岳の国から2018夏)が4年目となる。

このようなスタイルは、「ワーク」+「バケーション」を組み合わせて「ワーケーション」と呼ばれたりして、最近わりと注目

もっとみる
嬉しいです! ありがとうございます。:D
5

#岳の国から2018夏⑥ - お菓子工場、アスレチック、八ヶ岳高原線、メリーゴーランド… 北杜市 子連れおでかけメモ(2)

あっという間に北杜生活も残り一週間(!)。
第一弾に引き続き、子どもたちと一緒に遊びに行ったところメモ、第二弾。

シャトレーゼ白州工場見学  − 8月11日(土)、家族4人で

全国チェーンのお菓子屋さんシャトレーゼの工場。アイスクリームと餡子の製造工程を見学でき(ガイドツアーはなし)、最後にお楽しみのアイスクリームの試食コーナーもある。ていうか、はっきり言って、アイスがメインアトラクション。

もっとみる
ありがとう♡
2

#岳の国から2018夏⑤ - 屋根付き・ガスグリルも食器も食材も完備! 手ぶらでバーベキュー

以前に書いた通り、いま滞在している家は管理別荘地内。
管理別荘地というだけあって、敷地内にはちゃんと「フロント」があって、売店や温泉大浴場、リラクゼーションサロン、さらにバーベキューサイトまである。

バーベキューサイトは屋根付きで(大雨が降った日も賑わっていた!)、火起こしの心配も不要なガスグリル、さらに簡単な調理器具(包丁まな板トングなど)・食器・食材もそこで調達できてしまうという、至れり

もっとみる
ムチャス・グラシアス!
1

#岳の国から2018夏④ - 水遊び、牧場、スイス村、空中散歩… 北杜市 子連れおでかけメモ(1)

八ヶ岳南麓に来て、早いものでもう十日が経った。

といっても完全な休暇ではなく、平日昼間は夫は仕事しているので、家族全員でどこかに遊びに行ったりするのは、基本的に休日。平日は、わたしが運転できないため(毎年これがネックなのにいまだ改善されていない…)家のまわりで過ごすか、出掛ける時は公共のバスと電車でいけるところ、それでも最寄りの駅までは夫に送り迎えしてもらう必要があったりもするので、ほんの数時間

もっとみる
ありがとう♡
9

#岳の国から2018夏③ - 野菜を持て余すという贅沢…!

去年はご近所の方々からたくさん夏野菜をお裾分けいただいた。
今年はなんと、自分たちの畑がある…!

と、いうのも。

滞在中の別荘を管理しているセラヴィリゾート泉郷では、泉郷ファームという体験農園も運営されていて、(在住者・非在住者問わず)公募により農園オーナーとなった人たちが、山梨県認定農学士の指導を受けながら農作業を行うことができるというものなのだけれど、今回、偶然わたしたちの滞在の直前にキャ

もっとみる
ありがとう♡
5

#岳の国から2018夏② - 今年の滞在物件が見つかるまでの道のり

春が終わりに近づくと「今年もアレ、やるの?」「今年はどこに行くの?」「今年も写真、楽しみにしてるからね!」と言われることも多くなってきた。だけど、毎年毎年言ってるけど、一ヶ月間暮らす物件を探すのは、なかなか難しい。そりゃあ予算が潤沢にあれば、いくらでも見つかるだろうけど、そんな身分ではないし、かといって小さい子ども2人を含む四人家族だと、シェアハウスみたいなのもちょっと勝手が悪かったりする。

もっとみる
ありがとう♡
8