20160621note表紙

そこがヘンだよ、足立クン!!  データで明らかになった、楽天ドラ6捕手のヒヤヒヤ配球。パ他球団にバレていないことを祈る!!

今週金曜日からリーグ戦が再開になるプロ野球。楽天は本拠地koboスタ宮城に王者ソフトバンクを迎え撃つ。4位・西武とのゲーム差も3.0と、獅子の尻尾に手が届きそうな位置にいる。できれば、オールスター前の16試合で獅子の尻尾を掴みにいきたいところだ。

銀次、今江も近々1軍合流予定だと言う。日曜日のDeNA戦、解説席に座った齊藤明雄氏によれば、試合前、梨田監督に取材したところ、指揮官が2軍調整中の銀次、今江の交流戦明け合流を口にしたと言う。新人含む新戦力で浮上したチームの流れを、本来活躍すべき戦力の再合流で加速化していきたい。

ただ、正捕手・嶋は復帰の見通しが立っておらず、バッテリーは引き続き、足立を含む小関、伊志嶺の捕手3人体制での運営が続きそうだ。

その中、新人捕手の足立祐一のリードが、気になっている。

もちろん、足立は良く頑張っている。嶋が離脱した5月21日以降の26試合中22試合でスタメンマスクをかぶり、その22試合のチーム成績は11勝11敗の五分と健闘している。プロ初出場直後は、マウンド上の投手に何度も首を振られるシーンが目立ったが、約1ヵ月経ち、そのような光景も減り、投手陣との息も徐々に合うようになってきた。ワイルドピッチや捕逸などのバッテリーミスも、最初の5試合で3度記録したが、直近19試合では僅かに1個とワンバウンド投球を後ろに逸らさない捕球ができている。

以上のことを大前提にしながらも、ここへきて気になるのが、足立の配球なのだ。

あまりにも偏り過ぎているのではないか?  それがリーグ戦再開後、味方投手陣を苦しめる原因になりはしまいか?  そういう心配が出てきた。

まずはこちらのグラフを見て欲しい。

※ここからは有料エリアでお楽しみ下さい。なお、本稿は本日配信のまぐまぐでのメルマガでもお楽しみ頂けます。本稿はnoteでは単価100円ですが、まぐまぐでは本稿含む月十数本の試合評や分析記事の配信で月額514円とおトク。メルマガのご登録はコチラでどうぞ

この続きをみるには

この続き:1,927文字/画像3枚

そこがヘンだよ、足立クン!!  データで明らかになった、楽天ドラ6捕手のヒヤヒヤ配球。パ他球団にバレていないことを祈る!!

eagleshibakawa

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読者の皆さんにいただいたサポートで、さらなる良い記事作りができるよう、心がけていきます。

真田幸村の赤備えがクリムゾンレッドに見える、信州上田在住、楽天応援の野球ブロガー。1球単位のプレーデータをはじめ、各種記録や指標等で楽天の魅力・特徴・課題・現在地を定点観測するブログを2009年から運営の傍ら、有料メルマガ、『週刊野球太郎』など野球専門媒体への寄稿歴も有。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。