見出し画像

失敗を恐れない。とにかく挑戦すること!

こんにちは!

以前、お話を聞かせていただいた岩月さんに刺激されて、
卵焼きを焼き始めたおなじみDブルです。
全くうまくできません。笑

そんなことは置いといて、

JFSで初めてクラウドファンディングをスタート致しました
日本の野球の未来のために、
1人でも多くの皆様からのご支援を団体一同心よりお待ちしております。
↓クラウドファンディングページ↓

https://note.com/dugout/n/n2c7b5e550211

さて、今回は、夏の甲子園、全国最多38回出場の
名門・北海高校で部長を務める立島達直さんに
お話を伺います。

今日も元気に Dブルインタビュースタート!

指導者・立島達直の原点

D🐶:まず、秋の全道大会、北海高校優勝おめでとうございます!決勝は手に汗握る接戦となりましたね。
テレビで見ていましたが、立島さんが画面になかなか映らなくて悶々としておりました。笑

さてそんな立島さんは北海高校の部長として、
日々選手たちを指導していますね。
そもそも指導者になろうと思ったきっかけは。

立島🙋:北海高校の平川監督に
「指導者として母校に帰ってこい」と言ってもらったことです。
平川監督は恩師であり目標の人。
教え子だからこそ生徒に対して伝えられる事がある。
生徒の為だけではなく、平川先生の役に立ちたいという思いが今の僕の原動力になっています。

D🐶:恩師から熱い言葉をかけてもらったんですね。
そんな立島さんが普段から選手たちに徹底してることはなんですか?

立島🙋:誰でもできる事、調子関係なく、プレーを
全力で行うことですね。
具体的には、全力疾走、大きな声を出してプレーすること、的確にコミュニケーションをとること。
特に公式戦で普段通りにプレーできるように、練習から厳しい雰囲気で取り組むことが大事だと考えてます。

D🐶:なにかきっかけはあったんですか?

立島🙋:そう思うようになったのは、指導者になって一年目と二年目、夏の大会で初戦敗退してからです。
流れで全てが変わる。それは一発トーナメントの怖いところ。だからこそ当たり前に出来る事は徹底して取り組まなければいけないと考えています。

D🐶:確かに、グラウンドにお邪魔した時に、選手たちのはつらつとした声が印象的でした。
全力で選手たちを指導している立島さん、指導者の魅力は。

立島🙋:選手の成長を間近でみられることと一緒に青春できることです。
勝った時の思い出ももちろん印象深いですが、毎年夏のメンバー発表をした後、外れた三年生の姿は特に印象深いです。
毎年のことですが、やはり色々な思いを抱えながらもチームの為にサポートをしてくれる姿をずっと見てましたからね。

自立を促す、立島流指導法

D🐶:続いて、選手との接し方について伺います。
立島さんが現役の頃と今は指導法が全然違う気がします。
指導法の変化はどう感じてますか。

立島🙋:基本線は変わらないと思います。自分で考えて積極的に行動できるようにすること(自立)、
自分で考えて上達する為に研究すること(自律)。
色々な情報が溢れていて色々試す事はとても良い事ですが、行き当たりばったりにならないやように一緒に考えてきたいですね。

D🐶:ふむふむ。

立島🙋:私が大事にしていることは、的確なタイミングで声をかけてあげることです。
良くなった時、調子を崩している時に声をかけてあげられるように毎日観察しています。

D🐶:今の時代の指導に大切なことは何だと思いますか。

立島🙋:近すぎず、遠すぎず。
選手がチャレンジできるように背中を押してあげられるようにしてます。最近は受け身の選手が多いように感じます。
そんな受け身の選手に対して、言われた事しかできない、
指示待ち、自分から発信できない選手では何も成し遂げないで終わるよとしつこく話すようにしてます。

D🐶:指導者の一言は選手たちにとっては大きな一言ですね。他に選手の意識の高さを感じる瞬間は。

立島🙋:トレーニング、栄養面など身体作りに対する意識ですかね。
例えば、ウエイトトレーニングに対して選手一人一人が専門的な知識の下に取り組んでいます。
特に北海道の場合、冬は雪の影響でグラウンドでできる練習が限られています。その為、トレーニングを中心に身体を大きく、強くする事を重点的に取り組んでいるんです。

ひたむきな姿に・・・

D🐶:中学生の選手をスカウティングすることも仕事の一つだそうですね。選手のどんなところを見てるんですか。

立島🙋:おおまかにいうと、肩の強さ、足の速さ、
一生懸命さ、コミュニケーションが取れるかなどです。
特に一生懸命野球に打ち込んでる選手に魅力を感じますね。そういう選手は、使いたいなと思わせてくれます。
また北海高校には他校には珍しく父母会がありません。保護者の方と関わる事が保護者説明会ぐらいなんです。選手と信頼関係を作る事が各家庭との信頼につながると思います。

D🐶:夢にむかって頑張る必死な姿が、人を惹きつけるんですね。また普段のやりとりが本当に大事ですね。それでは最後に、野球に打ち込む多くの選手たちに、メッセージを!

立島🙋:失敗してもチャレンジをすることです
困難を克服したりチャレンジする事の大切さを知れば今後の人生に役立つはず。すぐに正解を教えるのではなく、考えさせてタイミングをみて背中を押してあげたいですね。
未来は誰にもわかりません。試合も戦ってみないとわからない。将来、プロ野球選手になっているのか、就職しているのかもわからない。だからこそ今できる事を一生懸命に!そして挑戦してください!それが未来に繋がるはずです!

立島 達直(たてじま たつなお)
1990.4.7生まれ
北海道滝川市出身

北海高校ー東洋大学

小学校2年生から野球を始め滝川ブルーフェニックス、空知滝川リトルシニアでプレー

北海高校では高校三年生の時に第90回全国高等学校野球選手権大会に捕手として出場
(現在、巨人・鍵谷陽平選手とバッテリーを組む)

東洋大学では3年生からメンバー入りし、日本一を経験

2013年学校法人北海学園に勤務しながら北海高校野球部での指導をスタート

2015年北海高校に保健体育教諭として勤務

2016年、第98回全国高等学校野球選手権大会でコーチとして準優勝を経験

2017年から野球部部長、第99回全国高等学校野球選手権大会出場


【一般社団法人 日本未来スポーツ振興協会】

https://jf-sports.or.jp

親子キャッチボールプロジェクトを全国で🔥
クラウドファンディングページはこちらです↓
https://camp-fire.jp/projects/view/340190

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
27
2020年5月9日スタート🎤24000pv突破✨元アスリートが社会で輝く姿をインタビュー形式で投稿♪【記者紹介】[名前] Dブル🐶[年齢]36歳(独身)[趣味]散歩、Netflix【運 営】:一般社団法人日本未来スポーツ振興協会 https://jf-sports.or.jp

こちらでもピックアップされています

野球
野球
  • 13本

野球マガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。