JF-Sports web Media ~ sports in your Life ~
アメフトで培った〇〇というスパイラルとは」
見出し画像

アメフトで培った〇〇というスパイラルとは」

JF-Sports web Media ~ sports in your Life ~

皆さん、こんにちは!
日焼けしまくり、Dブルです。
今日のインタビューは、アメリカンフットボールをやられていた「清水謙」さん。
余計な話は無しにして、早速インタビューを始めたいと思います!

インタビュー、スタート🎤!

【自己紹介】

D🐶:自己紹介をお願いします!

清水👨:清水謙と申します。43歳、鎌倉市出身、藤沢市在住、妻、息子(8ヶ月)、トイプードルの4人家族です。会社経営しており、現在8期目で、貿易業、旅館業、不動産業、農業などを営んでおります。

D🐶:ちなみに貿易業、旅館業、農業ってどんなことやってるんですか?

清水👨:貿易業は日本の商品を海外へ輸出し、インターネット通信販売を行っています。
旅館業は鎌倉と江ノ島で2棟の旅館を経営しています。不動産業は不動産を取得して自らリノベーションを施し賃貸に出しています、またその過程をYoutubeで配信しています。農業は藤沢市に農地を借りて無農薬野菜を育成、BtoB販売しております。
(リノベーションYouTubeチャンネル「DIY diary

【スポーツ遍歴】

D🐶:幅広いお仕事をされているんですね。。。どれも詳しく聞いてみたい。
この記事ではスポーツ経験者が社会に出て活躍している姿を取り上げている記事なので、まず聞きたいんですが、清水さんはこれまではどういったスポーツをやってこられてきたんですか?

清水👨:高校生から34歳まで19年間アメリカンフットボールをやってました。

D🐶:実績は言うまでもなく
ちなみに清水さんはどんな選手だったんですか?

清水👨:高校、大学、社会人と一貫してボールを持って走るポジション(WR,RB,RET)をやっていました。

D🐶:おー✨スピードスターで試合の中でも、すごく目立つポジションというイメージあります!!
ちなみに中学まではどんなスポーツをやってきたんですか??

清水👨:水泳、テニス、陸上(中学校の部活、幅跳びと中距離)をやっていました。

【経営者となるきっかけ】

D🐶:いろいろなスポーツを経て、アメリカンフットボールにつながっていったんですね!ありがとうございます!
そうしたスポーツを経て、社会人になっても続けられてきたアメリカンフットボールと両立してきたお仕事について、次に伺っていきたいと思います。
先ほど、貿易や旅館、農業などをされているとのことでしたが、そうした仕事に至るまでの経緯を教えていただけますか?

清水👨:大学卒業後、SE、営業、Webマーケター、Webコンサルタントとして4社、会社員として経験しました。

D🐶:いろいろなお仕事をされてきたんですね。それも4社で!!

清水👨:アメリカンフットボールの選手としてより良い環境を求めて(土日休み、平日定時退社可能など)3度転職しました。紹介や一般的な人材紹介会社を使った転職活動を行いました。34歳まではアメリカンフットボールファーストで生きてましたね。

D🐶:そうだったんですね。ガチンコのスポーツをやられている方にとってはお仕事との両立は本当大変そうですが、そういったことを乗り越えて両立されてきたんですね✨(かっこいい。。。)
そして今は、経営者として様々な事業をされているわけですが、経営者となるにあたってのきっかけとなった出来事や背景などを教えてください。

清水👨:社会に出てわりとすぐに満員電車に乗ること、通勤時間が定められていることや給与決定ロジックが不明確なことなどなど、とにかく会社員というものは不自由で他人にコントロールされている状態であるということがとても窮屈で、アメフトを続ける間は会社員でいることを我慢しようと考えました。アメフト引退と同時に退職し、フィリピンへ半年間滞在、英語勉強と起業に向けた準備を行い、帰国後起業しました。

D🐶:その行動力、切り拓いていく強さに感服です✨そうした問題意識を持ちながらも我慢したり、行動に移すことが難しいと思う人も多いのかな、とも思っています。。見習います!
そんな清水さんの今の目標を教えてください!!

清水👨:一日一日家族や仲間との時間を大切して平穏に生きることです。目の前の一日を全力で楽しむことを意識しています。

【アメフトで培ったスパイラル】

D🐶:スポーツをやってきて活かされていると感じることはありますか?

清水👨:アメリカンフットボールを通じて得た仲間は財産ですね。また、会社を経営するうえでもアメリカンフットボールで培った経験が活きていると思います。

D🐶:例えばでいいんですが、どういった力とか、どういった時に活かされているなと思いますか?

清水👨:やるべきことを愚直にやり続ければ自信がつき、自信をもって取り組めば結果が出て、さらなる自信がつくというスパイラルに入ることが事業創出、拡大においても大切だということや、組織として成長するために必要な取り組み方、規律を重んじ、細部に拘ることが大事であることなどを学びました。

D🐶:自信がつくスパイラルですか!(それを自分でつくりあげていくのか。)
規律や細部の大切さというお話でしたが、アメリカンフットボールは豪快なイメージがありますが、緻密な戦略、チームワークも大事なスポーツだとよく聞きます。
そうした中での仲間の大切さ、仲間は貴重であるということは胸に刺さりました!
そして最後に、子どもたちへメッセージをお願いできますか!

清水👨:古い価値観や強い同調圧力に屈せず、他人が決めた価値観に流されて生きるのではなく、自分自身が心動かされることを大事に主体的に生きて欲しいと思います。

D🐶:ありがとうございます!
仕事とアメフトの両立を転職など繰り返す中で実現し、そして道を切り拓く中で、今は複数の事業の経営者という清水さん。
Dブルも心動かされることを大事に、また子どもたちにも大事にしてもらえるように頑張るぞ!
本日は、ありがとうございました!


【プロフィール】

〇神奈川県立鎌倉高等学校FAKERSでアメリカンフットボールを始める。RB兼RETとして1年時から全試合に出場、3年時には主将を務める。
〇専修大学GREEN MACHINEで3年時にWRに転向し、2年連続で関東学生リーグ最優秀WRを受賞、4年時には副将を務める。
〇2002年にXリーグオービックシーガルズに加入し、Xリーグ新人王受賞。
〇2002、2007、2009、2011年オールXリーグ(RET)選出。
○2004年より日本代表に選出され、以降10年間連続で日本代表として4度の世界選手権に出場。
〇2010年より副将。2012年より、オービックシーガルズWRコーチを兼務。2013年史上初の日本一4連覇を達成後、引退。
○2014年12月、株式会社グローバルフィールドを創業、代表取締役として現在8期目。


【一般社団法人 日本未来スポーツ振興協会】

各家庭における経済的事情・環境的な事由により、スポーツに取り組むことが難しい子どもたちへ、スポーツを始める為のきっかけづくり、続ける為のサポートとして用具提供を行います。誰もがスポーツを楽しめる環境づくりをサポートし、年々減少し続ける国内スポーツ競技人口の増加と共に、一人ひとりの豊かな人格形成と成長を目指します。

用具支援・寄付・FANB導入・イベント開催をご検討の方は弊社ホームページもしくはお問い合わせアドレスにご連絡ください✨

HP:https://jf-sports.or.jp
IG:@jfsgram
TW:@DUGOUT31791679

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
JF-Sports web Media ~ sports in your Life ~
2020年5月9日スタート🎤50.000pv突破✨元アスリートが社会で輝く姿をインタビュー形式で投稿♪【記者紹介】[名前] Dブル🐶[年齢]36歳(独身)[趣味]散歩、Netflix【運 営】:一般社団法人日本未来スポーツ振興協会 https://jf-sports.or.jp