【2021年5月アップデート】ワンポイントとして使う、テキストへのアピアランス
見出し画像

【2021年5月アップデート】ワンポイントとして使う、テキストへのアピアランス

テキストへのワンポイント装飾について思いつく限り考えたものをIllustratorのアピアランスとして実装してみました。このIllustratorのアピアランス集を販売いたします。

お知らせ
──────────────────────────────────
・2019年1月のリリースから内容をアップデートしましたので、過去に購入された方も改めてダウンロードされてください。
・9月17日に「アピアランスの可能性を広げるグループの抜き」と題して、オンラインセミナーを開催します。末尾に割引コードを記載しました。

画像14

次のような利用が考えられます。

 • デザイン装飾の引き出しを増やす
 • Illustratorのアピアランスに関してのスキルアップに

後者の場合には[アピアランス]パネルを調べる前に、ご自分でチャレンジされるとベターです。

アピアランスですので、テキストの増減にも対応しますし、また、使い回しがラクです。ストレステスト(文字の増減への対応)は行っていますが、1行で使うことを前提にしています。

• Illustrator CC 2020形式(およびCS6にダウングレードしたもの)にて提供します。
• フォントはAdobe Fonts版の「DNP 秀英丸ゴシック Std」にて設定しています。

サンプル(スクリーンショット)

次のアピアランスで構成しています。

画像14

画像15

画像16

基本的な使い方

[オブジェクトのアウトライン効果]は、オブジェクト全体でなく、主たるテキストの以外の塗りアピアランス/線アピアランスに対して設定しています。よって、[アピアランスの分割]を実行しても、テキストはアウトライン化されません。

画像3

グラフィックスタイルに登録していませんので、適宜、登録しながらお使いください。

画像4

• グラフィックスタイルを使わず、スポイトツールを使うこともできますが、適用したいテキストサイズによってはうまくいかないことがあります。

画像5

そこでオススメしたいのは、いったん文字サイズを12ptにすること。

1. [文字]パネルのTTアイコン(文字サイズ)を⌘ + クリック(WindowsではCtrl + クリック)すると12ptに初期化されます。
2. 12ptに変更後、(スポイトツールまたは)グラフィックスタイルを適用し、その後、テキストを拡大します。

画像12

テキストオブジェクトの拡大・縮小には、文字サイズを変更せずに、拡大・縮小コマンドを使います。

画像13

毎回、拡大・縮小コマンドを呼び出すのは面倒ですので、アクションを利用しましょう。一緒にダウンロードいただけるaiaファイル(アクション)を読み込むと、次のアクションが利用できます(これらのアクションは線幅も拡大・縮小になっています)。

画像10

[アクション]パネルメニューからボタンモードに切り替えて使うのもオススメです。

画像10


カラー変更

画像11

カラー変更を行う場合には、ライブカラーを使うのがよいでしょう。

画像6


アピアランスやグラフィックスタイルの詳しい使い方については、下記などをご参照ください。

 • 『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)
 • ベテランほど知らずに損してるIllustratorの新常識(8)Illustratorでの「座布団」の実装方法アレコレ
 • Creative Cloud道場「第153回 道場破り!」に鷹野 雅弘(スイッチ)が出演しました

拡大縮小について

拡大縮小を行うときには、フォントサイズではなく、拡大縮小コマンドを使うようにしましょう。

画像12

事前準備として、環境設定の[一般]カテゴリ(または[変形]パネル)で、次の2つのオプションをオンにします。

• 角を拡大·縮小
• 線幅と効果も拡大·縮小

[パターンも変形する]オプションもチェックしておくとよいでしょう。

画像13

変形には、次の3つのアプローチがあります。
• [拡大・縮小ツール]を利用する
• [オブジェクト]メニューの[変形]→[拡大・縮小]
• [変形]パネルで変形

このほか、アクションを使うのもよいでしょう。Keyboard MaestroやSPAiを使ってキーボードショートカットを割り当てれば、サクサク作業できます。

ドロップシャドウ

デフォルトはオフですが、ドロップシャドウを仕込んでいます(すべてではありません)。

画像17

1行で使うことを想定

文字の形状に影響されないように[変形]効果を仕込んでいます。

そのため、2行にすると崩れてしまいます。その場合には、[変形]効果をオフにし、必要に応じて[形状に変換(長方形)]効果を値を調整されてください。

画像18

価格

1,200円

このnoteを購入されると記事の末尾にダウンロードリンクが表示されます。そこからダウンロードしてください(おそらくいつまでも、何回でもダウンロードできます)。

アップデート時に通知されるように、noteのアカウントを作ってからがオススメします。

商用可です。というか単なる部品でしかありませんので、手を加えて、ご自身のライブラリを充実されてください!

謝辞

こちらを完成するにあたって、テクニカルなアドバイスやインスピレーションをいただきました。改めて、お礼を申し上げます。

 •  hamko さん
 •  高橋としゆき さん
 •  樋口泰行 さん
 •  鈴木メモ さん
 • トリメギさん
 •  コロさん

コロさんのクリエイターさんの素材直売所にも掲載いただきました(感謝)。

『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)

いわゆる基本操作の説明がない「中級者向け」の書籍。
第1章が、いきなり「アピアランス」です。

画像7

 •  1章:直しに強いデータの作りかた(アピアランス編)
 •  2章:直しに強いデータの作りかた(便利な小ワザ編)
 •  3章:使い回しと一括反映のテクニック
 •  4章:文字組み回りでラクするコツ
 •  5章:知っていればキレイに早く終わる作業Tips
 •  6章:スムーズでロスの少ないデータの受け渡し
 •  7章:生産性が変わる環境構築のポイント
 •  8章:Web制作での使いどころとハマりポイント

CC 2021対応版を準備中(お知らせメールに登録)。


ダウンロード

これ以降にはファイルのダウンロードのリンクを掲載しています。

この続きをみるには

この続き: 887文字

【2021年5月アップデート】ワンポイントとして使う、テキストへのアピアランス

DTP Transit 別館

1,200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DTP Transit 別館

定期マガジンをはじめました! 見逃さないように、ぜひ購読お願いします!! https://note.com/dtp_tranist/m/mebd7eab21ea5

「知っていたら早く終わる/キレイに仕上がる」など、見落としがちなポイントをおさえて効率的なデザイン制作を支援 ➡ Illustrator|Photoshop|InDesign|Acrobat|PDF|グラフィック|エディトリアル|フォント|執筆|編集|組版