新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「飲むカレー」で作る「食べるカレー」のランチをはじめるまで(1)ここにいるよ

飲むカレー「ドリンカレー」を作ったきっかけは毎朝の白湯習慣でした。体温を上げたくて白湯を飲んでいたときに、ふと「白湯を飲むときに、からだにいいといわれているスパイスを一緒に飲めたらもっと効果的なのではないか」と思いついたのです。それで、インスタントコーヒーみたいな感覚で、さっとお湯に溶かして飲める飲み物として「ドリンカレー」を開発し、販売をスタート。それが2018年10月のことでした。

それからネットで販売しながら月に数回マルシェに出店したり、店舗やカフェ、ヨガ教室などでお取り扱いいただいたりしております。じわじわと少しずつでも広まってくれるといいなあ、と思っているところです。

月に数回程度ですが、マルシェに出店すると、お客さまの反応がダイレクトに感じられてとても良かったと思っています。本当なら定期的にマルシェに出店しているところですが、新型コロナの影響もあり今現在ほぼほぼマルシェは中止なんですよね。

まあそれはそれとして、今年の1月くらいまではマルシェにてドリンカレー を試飲していただきながら販売していましたが、その際、お客さまによく質問されたのが「どこで買えるんですか?」「店舗はあるんですか?」ということでした。

店舗があるといいなあとはもちろん思っていたのでどうしたらいいかな、と考えているときに、ドリンカレーで味付けしたカレーを家で作って何度となく食べていて、そのドリンカレーのカレーも食べてもらえる場所があるといいなあと思いはじめまして、週3日くらいでカレーランチを出しながらドリンカレーも販売しつつご希望の方にはドリンカレーの試飲もしていただけるような場所があればいいのではないかということで……。それで、そういうことがこの場所でできたらとてもいいなあと思っていた恵比寿「はなゆき」さんに相談したところ快諾いただけたという次第です。

それは今年の春前くらいの話で、本当なら春くらいから「カレーランチ@はなゆき」さんをスタートする予定でしたけど、新型コロナのことがあり、結果、延び延びになったわけですが、当初、春からスタートするために準備をはじめた際、真っ先に作ったのが「のぼり」でした。

なぜ「のぼり」だったかというと、「ドリンカレーはここにいます」「ここにいるよ」ということをわかりやすく伝えたかったのです。マルシェの際には「のぼり」は立てていなかったし、作ってもいませんでしたが、恵比寿「はなゆき」さんで、カレーランチを出させてもらえることになって、その光景をイメージしてみて、ああ「のぼり」で、ドリンカレーはここにいます、ここでお待ちしてます、の表現になればいいな、と思い真っ先に作ったのであります。

画像1

恵比寿にお越しの際は、この「のぼり」を目印に、お気軽にお立ち寄りください。水・木・金曜日の11時30分から午後3時まで「ドリンカレー de カレーランチ」お召し上がりいただけます。「ドリンカレーを飲んでみたい」という方には、試飲もお出しします。試飲はもちろん無料です。

画像4

画像5

カレーランチ、まだはじめたばかりですし、新型コロナは落ち着く気配も感じられませんが、ドリンカレーはここ恵比寿「はなゆき」さんに週3日いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

画像2

画像3

恵比寿
はなゆき
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13183687/

東京都渋谷区恵比寿西1-12-8 グレースコートB1F


飲むカレー「ドリンカレー 」:www.drincurry.com




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
〜カレーが飲み物になりました〜 グルテンフリー&無添加なカレーパウダーを、インスタントコーヒーのようにお湯に溶かして飲む新しいタイプのHOTドリンク「DRINCURRY|ドリンカレー」開発・販売についてのお話です。*公式サイト: www.drincurry.com

こちらでもピックアップされています

飲むカレーで食べるカレーのランチをはじめるまで
飲むカレーで食べるカレーのランチをはじめるまで
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。