自然食ドッグフード ドットわん
産地から直接買い付けるワケ
見出し画像

産地から直接買い付けるワケ

自然食ドッグフード ドットわん

私たちピュアボックスは、安全で安心できる愛犬食のエージェントとして広く信頼されています。それは愛犬の最適な食生活を支える《理想の3軸》を提唱するだけでなく、実際の商品として届けるノウハウを持っているから。全国で優れたモノづくりをする一次生産者や食品加工業者との直接取引は200を超え、その品質と衛生管理のレベルは業界随一であることが私たちの誇りです。

しかし、2003年の創業から取り組んできたビジネスモデルは、当初からイメージ通りにいったワケではないのです。

難しい、だが避けられなかった生産者直接仕入れ

当たり前ですが、創業したばかりの会社には信用も実績もありません。「愛犬の食事品質を向上したい!」と思いをぶつけてみても取り合ってもらえず。用途を伝えると「イヌ向けに卸せる食材なんかない」とにべもなく断られ、こちらが品質を確認する前に支払いを催促される。挙句の果てには不当に高い金額を要求されたりと、理想とは程遠い商談の連続でした。

そんな時、とある商社に鶏肉を仕入れたいと申し出ると、「いいですよ!サンプル送ります」と快く応じてくれたのです。届いたサンプルは仕上げも良く綺麗。「ようやく調達先が見つかった。この会社にお任せしよう!」と正式発注をし、鶏肉を届けてもらいました。ところが、契約していた食品加工会社から、「こんな肉、ウチでは扱えないよ!!!」と荷受け拒否の電話が。なにかの間違いだと思い鶏肉を引き取り確認すると、その中の一部に冷凍焼けして干からびた肉が混ざっていたのです。もちろんサンプルとは全く違うので商社に連絡したところ、「いやぁ、イヌが食べるって聞いたので、その品質でいいかなと思いました」という衝撃の一言が返ってきました。

ただ、他の業者からの塩対応もすでに経験していたので、これは想定できたこと。「すべての人が“犬好きと決めつけるのは間違い!そりゃそーだ」、腹立たしく悔しいという感情より、妙に納得したのを今でも覚えています。「食材の良し悪しが商品品質を決める。ここで汗をかかず他社に任せたのが間違いだった」と、イヌの食事品質向上への覚悟が足らなかったことを逆に気付かされました。「誰にもマネできない調達方法を見つけるため、妥協はしない!」思いがこみ上げてきたのです。

安心を手に入れるにはどうすれば良いのか思い悩んだ末、生産者を口説いて直接買い付けるのがベストだと思い至りました。すなわち、“生産者には嘘がないに懸けることにしたのです。“理想を実現するにはこれしかない”と考え抜いた上での決断。とはいえ、誰とどうやって交渉すれば良いかすらわからず、「当たって砕けろ!」を実行に移すしかありませんでした。

生産者にはホンキの言葉と姿勢しか届かない

カーナビが案内に迷うほど広大な牧場、車一台すれ違うのがやっとの細道でしかたどり着けない施設、門構えが立派すぎて気後れする数百年続く農家…全国の様々な産地・生産者の元へ直接足を運びました。イヌは雑食のため、牛・鶏・豚のような肉だけではなく、魚・野菜・果物・穀類と幅広い食材の産地・生産者が交渉相手。みな一級の技術を持ったプロなので、「手塩にかけた食材の味がイヌに分かるのか!!」「今買ってくれているお客様は嫌がるだろう!」など、避けては通れない生産者とのホンネ(本気)トークは日常茶飯事です。それでも場数(地雷)を踏みながら、少しずつ生産者の心をつかむことができるようになったのです。

ある養殖業者との商談ではこんなやり取りがありました。愛媛の漁港内にある事務所。魚の買い付けで訪問したはずなのに、なかなか商談が進まない。そのうち代表から「外に出よう」と言われたので、海の見える岸壁に向かって歩きはじめました。ミカン農園がおすそ分け用に置いた軒先のカゴを覗くと、カサブタまみれでみてくれの悪いミカンが数個。「取って食べてもいいぞ」との言葉に、無農薬だけど売り物にならないミカンだと気づき、その場で剥いて躊躇なく食べました。その行動を見ていた代表から「ウチの魚出すよ、どれくらい欲しいんだ?」と、初めて取引の話が出てきたのです。何だか少し認められた気持ちになった、印象深いエピソードです。

食材に価値づけをする使命

「すべての食材に価値をつける」取り組みに共感した、モノづくりに情熱を持つ全国の生産者が支えるピュアボックス。とはいえ、食糧事情がひとたびひっ迫すれば、イヌへの良質な食材供給がいつ後回しになるかわからない危機感を持っています。そこで、観光・外食産業への出荷が停滞している生産者の窮地を救うため、今、全国のイヌが食べ支えるキャンペーン《♯ドッグフードにできること》を行っています。理想は全国の生産者から「イヌもなかなか頼りになるじゃないか!」と認めてもらい、ヒトとペットが食材を分けあえる寛容な社会を実現すること。

《愛犬の食環境向上》が事業使命である私たちは、これからも愛犬の健康で長生きを“食べる面から支え続けます。

+………………………………+
■「#ドッグフードにできること」■
キャンペーンサイトはこちら
https://www.purebox.jp/campaign_site/

+………………………………+
■自然食ドッグフード「ドットわん」■
直販サイトはこちら
https://www.dotwan.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
自然食ドッグフード ドットわん
こだわりのごはんで、ワンコに『食べる健康』を。今日も5年後も10年後も、大好きな飼い主様とずっと元気に過ごせるように。私たちは日々の身体を作る「食事」から、ワンコの健康をサポートしていきます。Web→https://www.dotwan.jp/