見出し画像

『#道東ではたらく』3名の若者が道東にダイブした冬。

ドット道東

みなさん、こんにちは!
ドット道東の神宮司です。

私たちが昨年度よりスタートした求人マッチングサービス「#道東ではたらく」。そのプログラムの一環として、昨年秋から3名の若者が道東に長期滞在し、受け入れ企業の事業を実践的にお手伝いする取り組みを進めておりました。(NPO法人エンブリッジさまの取り組みである、実践型インターンシップという枠組みを活用させていただきました)

先日、オンラインにて報告会を開催し、ドット道東としては初の取り組みである求人マッチングサービスの可能性が見えてきましたので、みなさまにもご報告させていただきたいと思います!


▼求人マッチングサービス『#道東ではたらく』を始めた理由

ドット道東は、道東各地で活動している5名のコアメンバーで構成されている組織です。

昨年(2020年)法人を立ち上げた段階で、クラウドファンディングを募り、道東のアンオフィシャルガイドブック『.doto』を発行しました。多くの方のご支援を頂き、初版5000部がわずか1ヶ月で完売、現在は版を重ねて累計10000部を突破しました。

画像1

初版後、道東出身者や道東が好きな方、また道東にゆかりのある方から多くの反響を頂き、「『.doto』を読んで地元の十勝に帰りたくなった」「道東で暮らしてみたい」「道東と関わりを持ちたい」という感想が多く寄せられました。

画像2

「そのような人たちと、私たちが普段お付き合いのある道東の自治体や事業者とをマッチングできないだろうか?」これがマッチングサービスを企画した最初の動機でした。

▼現在約100名の方が、道東の情報を求めている

SNSを通して道東のローカル情報を求めている方を募ったところ、現在では約100名ほどの方がGoogle Formで登録をしてくださっています。

このような実感もあって、マッチングサービス「#道東ではたらく」を立ち上げ、今回の2社への長期滞在型の実践型インターンシップの募集をかけていきました。

今回の応募者の中には、実際にここから情報を見つけてきてくれた人もいます。

▼「#道東ではたらく」でどんなことをしていきたいのか

「#道東ではたらく」では、オンライン/オフラインの双方のアプローチからマッチングする機会を増やしていきたいと考えています。

まず、オンラインではドット道東がリーチできる層への情報発信と、その人たちとのコミュニケーションを図る。さらにオフラインでは、実際に関わりが決まった方のアフターケアをしたいと考えています。

道東ではたらく

「どれだけ地域に定着できるか」といった観点から、ドット道東のネットワークを使ってミートアップや企業研修、他業種交流などの機会をつくって、地域に知り合いや仲間を増やすことをサポートする、その結果企業や自治体への定着率を上げていきます。

1社あたりの受け入れ人数は少なくても、複数の企業が集まれば滞在する若者同士の交流が生まれ、孤独感の解消や不安の共有をすることができます。また、そのつながりはプロジェクト終了後もゆるやかに繋がっていくことも期待できます。

画像4

ゼロイチの起業だけが全てではなく、企業の経営資源を利用して新規事業を立ち上げたり、経済産業省が推しているベンチャー型事業証券、黒字で廃業する企業に新たに事業承継して新しいビジネスをしたりと働く形は様々にあります。

働いている人が自発的に行動したり、何か企画できるきっかけやつながりを道東で増やしていく予定です。

▼ドット道東がリーチできる人物像と、企業に対して提供できる価値

今回、2社に対し3名のインターン生が道東で実際に仕事をする体験を経験しました。

報告会を終え感じたことは、どのインターン生も自分から何かを得ようとするモチベーションをもっていたということ。

『道東は自分たちでおもしろくする』

わたしたちドット道東は、そんな信念のもと、自分たちでクラウドファンディングを立ち上げて、イベントを開催したりガイドブックを制作してきました。

スクリーンショット 2021-02-22 0.52.10

そんな意志をともにする仲間や企業のみなさんと作ったガイドブックが、想像を超えて多くの方に届き、『こんな道東に関わりたい』と感じた〝前のめりな人たち〟が約100名の登録者です。

また、ドット道東が日頃お付き合いしている道東の企業は、ともに地域をよくしていこうという意識のある方々ばかり。報告会の中では「せっかく来てくれたインターン生に企業側は満足できる価値を提供できているのか不安だった」という声もありましたが、地域とのつながりがあるからこそ、外から来る人が活躍できる舞台を用意できる...。それが道東で受け入れる企業が提供できる最大の価値だと考えていますし、そんな素敵な企業と、道東に対して前のめりな人材のマッチングのお手伝いができたら、これほど嬉しいことはありません。

▼新しい繋がりから、これまでになかった価値が生まれる

私たちドット道東は、まだ繋がっていない点と点を結び、道東に新たな価値を創出し続けることをミッションに掲げています。

今回の「#道東ではたらく」実践型インターンシップでも、何もしなければ生まれなかったたくさんの人と人の繋がりが生まれました。

画像6

「プロジェクトが終了したあとも、継続的に関わっていきたい」

実際に、仕事のパートナーとして関係を継続したり、東京の大学に戻ってもポップアップストアを東京で開催するなどの動きが生まれています。

その時限りではない、繋がり続ける強い関係・・・。それは道東にダイブした若者と企業だけの繋がりではなし得ません。プログラムを通して知り合った地域の人、同年代で地域でチャレンジする人との出会いがあるからこそ、生まれるものだと感じています。

地域に根ざした活動を行う企業と、私たちドット道東が協働することで、そんな繋がりをたくさん生むことができる可能性を、今回のプロジェクトを通じて強く実感しました。

***

今回、インターン生を受け入れてくださった2社の詳しい報告についてはこちらから↓

***

ドット道東では、今後も求人マッチングサービス「#道東ではたらく」を強化していきます!!

▼掲載のご相談は info@dotdoto.com まで。

▼求人に限らず、道東のローカル情報をゲットしたい方は、下記フォームにご登録ください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!