見出し画像

Chromebook化したドンキPCでUSB接続モバイルディスプレイを動作させる


Brunchに新バージョン( r83 k4.19 testing )が来ました。

Brunch r83 k4.19 testing 20200704

アップデート項目に、以下の記述がありました。

Improved DisplayLink compatibility.

これは、Chromebook化したドンキPCでUSB接続モバイルディスプレイを動作させることが可能になることを意味するのでは?

早速やってみました。

USB接続モバイルディスプレイ動作検証

chromeでこちらのページに行き

brunch_r83_k4.19_testing_20200704.tar.gzをダウンロードする

画像1

croshと呼ばれるコマンド入力画面を開きます。

Ctrl キー + Alt キー + T キー


chromeブラウザが立ち上がり、真っ黒な画面

crosh>

という表示の後に、カーソルが表示されていると思います。

そこに

shellと入力してください。

chronos@localhost / $

という表示の後に、カーソルが表示されていると思います。

cd ~/Downloads
sudo chromeos-update -f brunch_r83_k4.19_testing_20200704.tar.gz
cat /etc/brunch_version
Brunch r83 20200704

再起動

手持ちの、USB3.0で接続 15.6インチIPS液晶フルHDモバイルディスプレイ

ASUS MB169B+  

を接続してみました。

ドンキPCのUSB3.0ポートにモバイルディスプレイを直接接続しましたが動作しなかったため、経験則で電力不足と判断しました。

セルフパワータイプのUSBハブを使用し、電力供給を補強したところ、

動作することが確認できました。

トリプルディスプレイ

ドンキPCには、HDMI出力(ミニHDMIポート)があるので、トリプルディスプレイも実現できました。

これで、外出先で、デュアルディスプレイ環境を作ることで、作業効率がアップすると思います。

ドンキPC(MUGA ストイックPC2)をChromebook化する方法

※この記事もChromebook化したドンキPCで書きました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いいたします。クリエイターとしての活動費とさせていただきます。

ありがとうございます。励みになります。
1
現在フリーのエンジニア HTML5プロフェッショナル認定資格レベル2 情報セキュリティマネジメント(経済産業省認定) PHP5 技術者初級試験 認定

こちらでもピックアップされています

ドンキPCをChromebook化して使う【2020年版】
ドンキPCをChromebook化して使う【2020年版】
  • 19本

ドン・キホーテから2018年12月7日に発売された、激安の約2万円のフルHD解像度14.1型ノートPC「MUGA ストイックPC2」(型番:KNW14FHD2-SR)は用途によっては、Windowsのまま使うよりChromebook化すると便利かもしれないです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。