見出し画像

「パーパス・ドリブン」という考えに群がるマーケターたち

ペプシ(Pepsi)がケンダル・ジェンナー出演のCMで非難の的になったのは、いまから1年半ほど前のことだった。ジェンナーが写真撮影を中断して抗議集会に参加し、友情の証としてコーラを警官に手渡すという内容のCMだ。

広告担当幹部が、このCMをヒットに導く材料のチェックボックスに印をつけていた姿は想像に難くない。ソーシャルメディアを利用する何百万人もの若者たちが憧れるスター――チェック。彼らオーディエンスがいままさに体験している問題とのつながり――チェック。しかし、わずか24時間後、ペプシは「ブラック・ライブズ・マター」運動を矮小化しているとして人々の反感を買い、このCMも同ブランドの謝罪とともに放映中止となった。

この続きをみるには

この続き: 2,818文字

「パーパス・ドリブン」という考えに群がるマーケターたち

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DIGIDAY [日本版]

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

プレミアhttps://digiday.jp/digidayplus/
1
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/