見出し画像

DIGIDAYリサーチ:インフルエンサー施策、日本企業は「共感」「購買」を期待

インフルエンサーマーケティングもいよいよ成熟してきた。

インフルエンサーマーケティングを専門とするエージェンシー、メディアキックス(mediakix)が2018年3月に発表した予測によると、2020年には世界市場が10億ドル規模にまで成長する可能性があるインフルエンサーマーケティング。その一方、今年のカンヌにおける、ユニリーバ(Unilever)最高マーケティング責任者キース・ウィード氏の発言に代表されるように、偽証行為を働くインフルエンサーに対するマーケターの警戒は、全世界的に一層強まっている。

そうした流れは、DIGIDAY[日本版]が実施したアンケートにおいても、強く感じ取れた。本記事では、そのアンケート結果を紹介する。なお、調査の対象となったのは、9月に実施された「DIGIDAY BRAND LEADERS」に参加した33人のマーケターだ。

この続きをみるには

この続き: 1,404文字 / 画像5枚

DIGIDAYリサーチ:インフルエンサー施策、日本企業は「共感」「購買」を期待

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

記事のご要望もお待ちしております!
2
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。