見出し画像

Amazonのニューヨーク進出、高まる「広告」への本気度

Amazonのニューヨーク進出は、急成長する広告ビジネスへの本気度を示すものであり、エージェンシーは新たな人材危機を迎えることになるかもしれない。

シアトルが本社のAmazonは米国時間11月13日、ニューヨークとバージニア州アーリントンに新しい拠点を設けることを発表。50億ドル(約5660億円)を投じ、2都市あわせて5万件の雇用を新たに生み出す。すでにマンハッタンには1年ほど前に新しいオフィスを開設しており、この時はニューヨークのマディソン街の近くに、広告を中心に2000人の雇用を生み出した

続きをみるには

残り 3,082字 / 1画像

¥ 480

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。