122年の歴史があるイギリスのスーパー大手モリソン、株主が身売り承認。

122年の歴史があるイギリスのスーパー大手モリソン、株主が身売り承認。

DigitalCreator

画像1

ヨーロッパ経済ニュースEUROPE NNAは2021年10月21日に、1899年に創業した122年の歴史があるイギリスのスーパー大手モリソン(Morrisons)は2021年10月19日の株主総会で、米国のPE(Private Equity/プライベートエクイティ)企業CD&R(Clayton, Dubilia and Rice/クレイトン・デュビリア・アンド・ライス)への身売り計画が承認されたと発表した。2021年06月から続いた同社争奪戦に、ようやく終止符が打たれた。

画像2

ケン・モリソン卿(Sir Ken Morrison)の父親がウィリアム・モリソン(Ken Morrison)が、今はなきローソン・マーケット(Rawson Market)で1899年に卵とバターを売りだしたことが、多くの成功例の始まりだった。

https://time-az.com/main/detail/75434

ケン・モリソン卿は、イギリスで4番目に大きいスーパーマーケット・チェーンを創設し、ブラッドフォードの市場の屋台からウェスト・ヨークシャー(West Yorkshire)で最大の雇用主のひとつにまで成長させた。

画像3

株主の賛成率は99.2%と、身売り成立に必要だった75%を大きく上回った。取引完了は2021年10月27日を見込む。

画像4

モリソンは先に、自社の売却先を決める入札で、CD&Rが米国のフォートレス・インベストメント・グループ(Fortress Investment Group)に競り勝ったと発表した。モリソンの取締役会はこれを受け、株主に受け入れを推奨していた。買収額は70億ポンド。

画像5

CD&Rはモリソンの本社をイングランド北部ブラッドフォード(Bradford)に残し、デービッド・ポッツ最高経営責任者(CEO)をはじめとする経営陣も留任させるとしているが、こうした約束に法的拘束力はない。

画像6

CD&Rは2021年0月、モリソンに£55億規模の買収提案を行ったが拒否された。
翌2021年07月にモリソンは、米国のフォートレス・インベストメント・グループ率いる投資家グループと£63億の身売り案で合意したが、モリソンの主要株主がこれに反対。
その後、CD&Rとフォートレスはそれぞれ買収提示額を引き上げ、争奪戦の激化が予想されたことからイギリスの買収委員会(Takeover Panel/テークオーバー・パネル)が介入し、入札方式が取られていた。

画像7

イングランド北部ブラッドフォード(Bradford)のモリソンの本社の緯度、経度。
53°48'22.5"N 1°42'49.5"W
または、
53.806258, -1.713744

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Заранее благодарю Спасибо
DigitalCreator
ドイツの国立ヨハネス・グーテンベルグ大学大学院博士課程、既に何10年も休学中! 博士論文は完成しているが、未提出。 大阪芸術大学は卒業。 雑誌グラフィックデザイン編集部在籍経験者。 「デザイン」という言葉を日本に持ち込んだ勝見勝の唯一の師弟として公認された弟子。