見出し画像

館、また人を殺す

 烏の声と羽ばたきがやかましい。パトランプの明滅に驚いたのだろう。屹立する崖と竹林で姿は見えないが、窓の外の少女が空を仰ぎ見ていた。

「三人目か」

 警部補の声で視線を室内へ戻す。白髪頭の上司は手を合わせながら、脱げおちたスリッパの片方を見下ろしていた。

 被害者の男性は大の字、仰向けで床に横たわっている。Tシャツとボクサーパンツで覆われた部分以外は火傷により赤く腫れあがり、首にはつるりと黄ばんだ紐が絡みついている。後頭部からは黒々とした液体が床にあふれ出ていた。

「玄関、窓ほかいずれの開口部も施錠されていた」
「まだ調査中で―――」
「何を調べる?さすがに忍者屋敷は移築してない。今回もまた、密室だ」

 早口でまくし立てたあと、警部補は部屋の外に立つはげ上がった男へと向かう。

「ここは呪われてるんだ。違いますか?」

 大家は脂ぎった頭をしきりに拭き回した。

「何を仰るんです。事故でしょうこれは」
「ただの事故でこんな死に方しますか。一回目は確かに不幸な事故でした。二回目もまぁ、そうです。しかしこれで三回目。さすがに万一のことを考えねばなりますまい」

 上司はそう言って数珠をもみながら出て行く。おろおろとした様子で大家はそれを見送り、かと思うとこちらを向いた。たるんだ頬を揺らし、口をぱくつかせて言葉を探している。

 天井を仰いで溜息を隠した。
 この大家に同情する気は無いが、あのロートルにも困り者だ。確かに同じ集合住宅で死亡事故が続くのは異常かもしれない。だがこれまで俺達はしっかり仕事をし、その結果事件性は無いと結論付けたのだ。

 再び窓の外を見る。パトランプが幾重にも光り、隣の尖り屋根と茅葺屋根を叩く。少女はいまだにこちらを覗いていた。

「これは事故なんだ。殺人、まして呪いなんて!」
「全力で捜査に当たります。まずはお話を伺えますか」

 大家はうめき声をあげる。
 窓の外で蓬髪の少女が、はっきりと頷いて見せた。

 ああ、わかってるよ。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ディッグ・A

サポートなど頂いた日には画面の前で五体投地いたします。

俺のほうが好きだよ!
ニンジャヘッズ。最近は忙しさにかまけて停滞気味。 サンダーバードで情操教育された結果、SF好き、エログロやや苦手。 HPラヴクラフトの愚痴がすき。「ウィアードテイルズの表紙は美女のおっぱいをでっかくすることばかりに一生懸命じゃないか!(意訳)」