マガジンのカバー画像

デザイントーストのみんなのマガジン

107
デザイントーストの仲間たちが、起こった出来事・イベント・レッスンの内容などを発信します!
運営しているクリエイター

記事一覧

「作りたい気持ちが出た時は、必ずできる自信がある」以前と確実に変わったのは、確かな自信【卒業生けけさん】

インタビュー by ふぁむ子 けけさんはデザイントーストの一期卒業生で、ふぁむ子の同期なんですよね。もう3年前ですね!お元気でしたか? はい、おかげさまで元気です!卒業してからずっと、仕事と子育てに全力投球の毎日です。 転職するか、継続するか葛藤した日々 デザインを学ぶ理由を書いたこちらの記事では、葛藤がとてもリアルに描かれていて共感された方も多いかと思います。その後、転職されるか迷っていましたよね。今はいかがですか? 私は元々趣味でデザインをしていたので、デザイン

アナログから、デジタルへの過渡期を乗り越えて。音楽、カメラマンを経てデザイン系パラレルワーカーへ【卒業生akiさん】

インタビュー by ふぁむ子 akiさんはデザイントースト2期生で今もラボ生ですよね。卒業制作発表が好きすぎて忘れられなくて…勝手に「伝説の卒業制作」って呼んでいます。 ありがとうございます(笑)私の場合は「もしも宝くじが当たったら」ということで、架空の映画館をまるごと作ったと仮定して、 マスコットキャラ ロゴ お披露目フライヤー …などの夢を詰め込んで、楽しく色々制作しました! 本来、修了制作は、自分でクライアントを探してきて実際のクライアントワークをするのでク

デザイン未経験のワーママが、本気で3ヶ月間、デザインを学んでみた!

こんにちは。4歳児と0歳児(10ヶ月)の育児に奮闘しながら、デザインの勉強中のえっかです。 早いもので、デザイントーストで学び始めて3ヶ月が経とうとしています。 今日はデザインほぼ未経験の私が、育児をしながらオンラインスクールで3ヶ月間学んでどこまでできるようになったのか、実際の制作物を紹介しながらお伝えしたいと思います! 学習の進め方私のクラスは毎週月曜日が講評会なので、ここに向けて週ごとに出される課題に取り組んでいきます。 週3回なるほど相談会があり、そこではTA(テ

「ま、何があっても私はデザインできるから」ノマドデザイナーがスクール設立するまで-デザイントーストのキラキラしない誕生秘話・後編-

ハラハラ、ドキドキのオーストラリア生活、続きです!(前編はこちら>) インタビュー by メンターふぁむ子 前編は、留学エージェントの方に「デザインやってみない?」とご提案頂いた所までお話を聞きました。受託されたんですか? それが、フリーランスでやったことがなかったので、自信がなくて…。絶対に迷惑をかけると思って一度断ったんです。 断ったんですか! そうなんです。ただ、その方は「日本のクリエイターの良さをもっと現地に知ってもらいたい。日本人は分かってないけど、とても

「ま、何があっても私はデザインできるから」ノマドがスクール設立するまで -デザイントーストのキラキラしない誕生秘話・前編-

デザイントーストを一人で立ち上げた代表ほりに、オンラインデザインスクール立ち上げに至るまでの紆余曲折をインタビューしました! インタビュー by デザイントースト メンターふぁむ子 ほりさんは何年も色んなところを行ったり来たりで生活されてますよね。以前は海外に5年ほど滞在していた経験もあるとか。 はい、帰国後も含めたら7年近く定住していないです。 ただ、実をいうと、20代の頃は海外に全く興味がなかったんですよね。海外に憧れもないし、外国人とのコミュニケーションは怖いし…

【デザインメンターの気づき01】デザイン成長のために自分の思考を知ろう

今日から、自分でデザインスクール運営をする上で、個人的な気づきを書き留めていく日誌を始めます。受講生から貰った悩みについて、掘り下げていきます! 最近またレッスンを持つようになり、先日卒業講評会では、受講生の大量のデザインラフ画に圧倒され迂闊にもうるうる。 このような受講生たちの思考プロセスの可視化ならぬ、日々デザインの相談やつまづきポイント、悩んでいる箇所などを数か月くらい見ていると、 人によって成長の仕方もスピードも理解までの落とし込みの思考プロセスも結構違うんだなあ

デザインを学んで知った、難しさ

4月からデザイントーストでデザインの勉強を始め、基礎の間はただデザインするの楽しい!という感覚でいれた。 ただ、応用に入ってから、デザインのさまざまな難しさに直面し、課題から逃げようとしたり、進め方がわからずもやもやしたり…という日々を過ごすことになった。 そして応用最後の課題となる、クライアントワークを実施中の今、+αとして緊張感が加わり、ここ最近はずっと心がザワザワしている。 応用に入ってまず、デザインを作る作業の前にやらなければいけないことが多すぎることにつまづくこと

Webデザイン🔰3か月でここまで出来た!

日本はお盆休み真っ只中ですね🍉 せっかくのお休みにもかかわらず、台風が近づいているというニュースを見て残念な気持ちが膨らみます。 カナダは、今週は気温が27度と夏というより、秋を感じさせる温度になってきました。 今回の記事では、振り返れていなかった基礎コースの修了課題について振り返りたいと思います。 私が通っているデザイントーストは前半3か月が基礎コース。後半3か月が応用コースとなっており、この修了制作の課題は、学生時代の中間テストのような位置づけと(私は)認識しており、

"意見を言えない"自分を、半年間のデザイン講座で打ち破る【TAさとうさん】

さとうさんはデザイントーストの卒業生。事務職から一念発起して学び、デザイナーとしての道を歩まれています。2023年3月からTA(ティーチングアシスタント)としてなるほど相談(メンターと1対1で話せる個人指導オプション)や内部のプロジェクトに積極的に関わってくださっています! インタビュー by デザイントースト メンターふぁむ子 手に職をつけたい!面と向かってはあまり話さない心の葛藤をツイートしてくださったのがすごく印象的でした。 さとう:デザイントーストを選んだ理由は

Webデザイン🔰1.5か月でどこまでできる?

コンスタントに投稿をしたいと思っていたものも気づけば、受講が始まって3カ月も経過していました…! 今回は、Webデザイン初心者が「デザイントースト」というオンラインスクールで作った、受講1~2か月目の制作物をご紹介しようと思います。 ちなみに私は先日、無事にカナダ進出(?)を果たしどっぷりと英語環境に浸っております。 受講がはじまって3か月なんて、「Time flies so quickly.」ですね。 早速かぶれてみました、すいません。 覚えたての言葉をすぐに使いたくなる

デザインを始める理由トップ3と、売れっ子になる人の特徴

こんにちは!デザイントーストの代表、ほりです。 グラフィックデザイン・Webデザインを教えています。 当校のカウンセリングでは、きっかけや理由を必ず聞いているのですが、理由のトップ3を今回は記事にしてみました。ちなみに、私は始める理由なんてなんでもいい派です。継続できたもん勝ちです! 3位 海外に行きたい代表の私が実際に、俗にいうデジタルノマドで、オーストラリア・シンガポール・台湾あたりでオンラインでデザイナー業をしながら旅行を5~6年ほどしていました。(コロナのため帰国

講座を受けて「デザインをメインにしよう」辞表を出した理由【TAゆうこりんさん】

ゆうこりんさんはデザイントーストの卒業生。看護師でありながらデザイナーとしても活躍中という異色の経歴です。3月からTA(ティーチングアシスタント)としてなるほど相談(メンターと1対1で話せる個人指導オプション)や内部のプロジェクトに積極的に関わってくださっています! インタビュー by デザイントースト メンターふぁむ子 デザインが楽しくてハラが決まったー卒業されてから、勤務先のクリニックを辞めて独立されたと伺っています。 ゆうこりん:はい、デザイントーストに入学したと

没頭できるって最高🌟 デザインの勉強経過記録

2023/4/17からデザイントーストで始めたデザインの勉強。もうすぐ基礎コースが終わろうとしている。 あっという間すぎて、2ヶ月以上経っている実感がない。 今の率直な思いとしては、楽しい! 難しさもあるし、めっちゃ悩むけど、楽しい! 没頭できている感覚があるし、ついやりたくなる。 課題に対してもっといろんなバージョンを作ってみたいし、もっとできることを増やしたい。 没頭できることがあるっていいよなって思う。なぜかと言われるとまだ言語化することはできていないけど、没頭し

オーストラリアで、デザイナーとして生きる。自分の強みを自覚しよう【講師ミカ】

今回は、デザイントーストメンター、ミカさんのインタビューです! オーストラリアを拠点に現地の方を相手にお仕事もされている現役デザイナーです。デザイントーストでは月一講座やプロテマ等いろんな講座を担当されています。 インタビュー by デザイントースト メンターふぁむ子 「このままじゃダメになる」留学の決意― そもそもどういうきっかけでオーストラリアに住もうと思われたんでしょうか? ミカ:私、もともとは日本で普通に大卒で新社会人として働いてたんですよ。コールセンターでスー