見出し画像

2022.7.3. 自民党渋谷ハチ公前街宣 -東京 群集-184 参院選2022 Ver.05

小野寺宏友

すでに参院選2022が終わって久しいですが、選挙期間中のメジャー政党都心部街宣 with 党首クラスの群集観測をアップします。
今回は日曜の朝10時から渋谷駅ハチ公前で行われた、自民党岸田総裁による応援演説を受ける元おニャン子クラブ生稲晃子氏の街宣です。

当日、10時前に少し雨がザッと降ってきたものの、じきにやんで晴れ間も見えてきました。
応援ゲストとして、石坂浩二氏が登壇。
有名人が出れば皆スマホで撮影、SNSで拡散する時代。
ステージ前の通路をジンバルにゴツイカメラ載せて撮影しながら通り抜けてみました。
当然のことながら女性SPさんがこちらを注視しています。
岸田首相のスピーチ中に、聴衆最前列あたりの方が具合が悪くなったようで、周囲が対処するまでスピーチはしばらく中断されました。
朝から渋谷ハチ公前には大勢の支持者たちが集まりました。
街宣のシメに全員にこういうポーズをさせるのはまぁどこの党でもやりがちですね。
日曜日の午前10時、渋谷の街はまだ起きていない時間帯ゆえ、通行人はまばら。

さて、いわゆるタレント候補である生稲晃子氏は、選挙戦序盤にもう一人の自民党候補とワンツーフィニッシュ!みたいな情勢報道がされていました。
しかし、蓋を開けてみたら当落選上ギリギリと言われてた共産党の候補が開票速報開始と同時にゼロ打ち当確が報じられ、生稲候補の当確が出たのはなんと23時過ぎでした。

首相が応援に駆けつけるテコ入れ街宣の割には聴衆の数がイマイチだったように感じました。少なくとも、昨秋衆院選での阿佐ヶ谷街宣に比べたら。
その要因は、日曜朝の渋谷と平日夕方の阿佐ヶ谷、選挙地盤のない新人候補とガチ地盤だけど落選の危機だった地元候補(実際に落選)の差なのでしょうかねぇ?

しかし、この5日後には奈良で応援演説中だった元首相が銃撃される、という前代未聞の事件が起こったので、これからは自民党街宣のこんな撮り方できないかもしれないです。

この続きをみるには

この続き: 0文字

2022.7.3. 自民党渋谷ハチ公前街宣 -東京 群集-184 参院選2022 Ver.05

小野寺宏友

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小野寺宏友

ここまで見てくれてありがとうございます。 これで全部です。 「ここから先を見たかったらお金払ってね」っていうやり方は好まないのでこの続きはありません。 気に入ったら、サポートください。 よろしくお願いします。(礼)

小野寺宏友
王道を歩まないフォトグラファー。シンヤノハイカイとゆー作品でトーキョー撮ってます。 東京都深夜区夜行1-2-3-404 Not found