見出し画像

Flutterは、マジでイケてる

Definer Inc.

はじめに

初めまして!Definer Inc.で代表をしています。

阪本 健太郎と申します。

今回は、Flutterに関してです。

超高速でのモバイルアプリ開発を、少数精鋭で行う必要があった時

フリーランスエンジニアとして、さまざまなベンチャー企業をご支援したとき、やはり

  • 時間が足りない

  • 人数が足りない

  • 予算が足りない

といった状況だったため、超高速でのモバイルアプリ開発が必要でした。

また、独自のAIモジュールを組み込んだアプリのため、やはりノーコードツールではなく、自社での開発が必須でした。その時に、Flutterに出会いました。

FlutterのComponentセットの品質レベルに感動を覚える

FlutterのMaterial UIに準拠したComponentセットは非常にレベルが高いです。

  • オプション指定だけすれば、もう使えるレベルなので、Componentをしっかりと配置して、オプション指定して、それでほぼ完了です。

  • 我々は、ウェブアプリはReactを利用していますが、ほぼFlutterのComponentセットの思想を踏襲した設計を意識しています。


Stateの管理体系は、少し工夫が必要だったが、結果としてとてもうまく処理ができた

Flutterは、やはり新興系のフレームワークであるため、少し注意が必要です。

  • 例えば、Stateのライフサイクルが、データモデルと矛盾していて、ソースコードで書いた通り動かない、など。

  • その場合は、レガシーなState管理メソッドをバケツリレーするなどして、整合性の高い処理を意識しました。

OSSで最も成功しているモデルケースの一つと認識している

Flutterは、凄まじいです。しかし、OSSだから、成功したというよりリードアーキテクトや最初の数十人の火付け役の思想がとても優れていたからこそ、と認識しています。

Flutterは、マジでいけてる。

読んでくれた方に向けて

ここまで、読んでくれた方は何かしら価値観を共有できるのかな?と思いますので、ぜひまずはカジュアルに話しましょう。

採用採用せず、フラットに楽しみながら。

株式会社Definerでは一緒に働く仲間を募集しています

人事・経営・sennryaku
ソフトウェアエンジニア
カジュアル面談です

開発
ソフトウェアエンジニア
フルスタックエンジニア
プロダクトマネージャー(PdM)

ビジネス
人事・経営・sennryaku
ビジネスオープンポジション
インサイドセールス(マネジメント)

その他
カジュアル面談です

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!