見出し画像

大阪市生野区・韓国人街とちょんの間料亭が入り交じる「今里新地」がどれだけヤバイか説明する

大阪のコリアタウンはいわゆる「オールドカマー」と呼ばれる戦前に日本に移住してきた在日コリアンが暮らす地域の数が多いのが特徴的だが、それとは別に「ニューカマー」、すなわちここ十数年の間に日本に移住してきた、あまり日本語がしゃべれない韓国人が集住する地域も存在する。大阪ミナミの島之内と、今回紹介する生野区の今里新地である。

生野区の御幸通商店街からさらに東へ抜け、今里筋を過ぎたさらに先に「今里新地」と呼ばれる一画がある。(生野区新今里三・五丁目)それから各停しか止まらない近鉄今里駅からも徒歩5分程の距離にある。

ここは飛田新地・松島新地などと同じく大阪市内にいくつかある「ちょんの間」と呼ばれる遊郭の名残、料亭を装った風俗店が軒を連ねる怪しげな場所なのだが、昔ながらの遊郭の建物に混じって、韓国人を中心にアジア系外国人向けの店が数多く存在し、さらに輪をかけて怪しさを増している。

この続きをみるには

この続き: 4,696文字 / 画像25枚

大阪市生野区・韓国人街とちょんの間料亭が入り交じる「今里新地」がどれだけヤバイか説明する

逢阪

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。