見出し画像

【川越市】宮崎勤“第三の事件”の舞台となった陸の孤島団地「川越グリーンパーク」を訪れた

30年少し続いた「平成」の時代がいよいよ来月末で終わろうとしている中、なにかと「平成最後」が話題となっている昨今ですが、ここで「昭和の終わり」に起きた事件の一つでも振り返ってみようということで、やってきたのは埼玉県川越市の町外れ。

ここは川越市の東の外れ、荒川と入間川が分岐する古谷上地区に位置する「川越グリーンパーク」である。昭和58(1983)年に完成した、総戸数1,450という大規模な分譲マンションが立ち並ぶニュータウン団地となっている。ここが昭和の終わりに起きた、あの宮崎勤が起こした「東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件」における“第三の事件”の舞台となった場所だ。

この続きをみるには

この続き: 2,290文字 / 画像12枚

【川越市】宮崎勤“第三の事件”の舞台となった陸の孤島団地「川越グリーンパーク」を訪れた

逢阪

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18
DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。

こちらでもピックアップされています

さいたま
さいたま
  • 31本

東京のすぐ隣にあるのに、住んでる人にまで、てんで相手にされない不遇の土地「埼玉県」を勝手に応援するコンテンツ。浦和・大宮・川口・蕨・戸田から草加に八潮・三郷・越谷、春日部に久喜、川越に東松山、所沢・入間・飯能、鴻巣やら行田やら熊谷やら秩父の山奥まで県内一円をまるごと網羅。100%埼玉の事しか書いてません。さいたまさいたま!