見出し画像

有料noteを買う理由を、有料で書いてみた

だいちゃん

※はじめに

すでに有料の情報をじゃんじゃん集めて、稼ぎまくっている人には参考にならない内容だと思います。そんな人だけ、購入の際は気をつけてください。




この記事は、以下の人のために書きました。

・これから副業を始めてみたい
・早く収益につながる仕事がしたい
・独立したいけど方法がわからない
・4桁くらいは稼げるようになりたい
・何かやりたいとは思うが行動できない

そして、上記の中でも特に「有料の情報を買ったことがない人」に向けて書いています。


まずはじめに、どうして「有料の情報を買わないか」について考えていきましょう。



情報を買わない理由は、以下のように分解できます。

・無料でもいい情報がたくさんあるじゃん
・無料の情報と、何が違うかわからないよ

もちろん、そのとおりだと思います。

無料でもいい情報はたくさんありますし、見る人によっては無料の情報と有料の情報は、違いがないように感じるでしょう。


しかし、実はそれは思い込みで、有料の情報を買わない人には、自分でも気づかない「隠された理由」があります。

ここでの「隠された理由」の定義は、「自分では気づかずに行動を選択してしまうこと」とします。


行動経済学という学問があるように、人間は自分では気づかないうちに本能的に物事を判断する性質があるのです。


そして、有料の情報を買わない人の「隠された理由」とは「有料の情報って、なんか損をしそうでもったいない」という感情です。


解説しますね。



人間はなにも考えなければ、欲求に忠実に行動します。

そして、欲求を満たすためにお金を払います。

「マクドナルド、スターバックス、コンビニ」には日常的にお金を払っていますよね。

「寝具、照明、電化製品」なんかも、最新モデルがあれば「どうせ使うんだし」と思って購入しているはずです。


すべて明確に使い道がわかっており、形に残るから、あなたは安心してお金を払います。

遊園地や旅行なんかは、楽しいのは確定だし、思い出に残るとわかっているので、喜んでお金を支払うはずです。


だからこそ、「形ものこらないし、楽しくもない情報にお金を払うのはもったいない」という感情が、無意識にも反応してしまいます。

ましてや、今までネットで情報を買ったことがない人だと、なおさら損をしそうだと感じやすいでしょう。


ですがTwitterを見ていると、稼いでいる人ほど本を読み、サロンに入り、自己投資を続けています。


なぜこんなことが起こるかと言うと、、もう明白ですよね。

稼いでいる人は、「情報にはお金を払う価値があると思っている」ということになります。


つまり、「有料の情報を買ったほうが、稼げるようになるから楽しい」ということです。


情報には勝ちがあるからこそ、お金を払ってでも得たいと思うのです。

稼いでいる人は、有料の情報に価値があると分かっているんです。


「情報ってなんか損をしそう」と思ってしまう人は、有料情報の破壊力を知らないだけなのです。


有料の情報を集めて稼いでいる中で、無料の情報だけで戦っているのは、非常に時間効率が悪いことになります。


言葉を選ばずにいうと、「ネットで稼ぎたいのに有料の情報に手を出さない方が損をしている」ということです。



あなたは何を損しているのか


ここまでの話を整理すると、有料の情報に手を出さない人は「無意識のうちに情報にお金を出すほどの価値はない」と判断している事になります。

では次に、「お金の価値」「情報の価値」について、お話していきます。


あなたに質問です。

・あなたはコンビニで、飲みのもお菓子を買いますか?
Uber Eats出前で、ご飯を買うことはありますか?
行きたくない飲み会に参加したことがありますか?
Netflix、YouTube、Spotifyなどのサブスクに入会していますか?

さて、ここでは500円〜3,000円ほどの出費を上げましたが、上記の項目に対して、満足してお金を払っている方はどれくらいいるでしょうか。


もし、

・なんとなく買っていた
・自炊が嫌いで出前にしていた
・退会が面倒でそのままにしていた
・断れなくて仕方なく飲み会に参加した

こんな理由でお金を払っていたら、それってめっちゃ損していないですか?

だって、損したくないなら、上記のことは対策できるはずですよね。

・自炊をする
・飲み会にいかない
・水をAmazonでまとめ買いする
・使わないサブスクを退会する

どうせ見ないNetflixにお金を払い、楽しくもない飲み会に参加しても、それってめっちゃ価値のないお金の使い方をしていると思いませんか。


お金を払って、わざわざ楽しくないことを「させてもらっている」状態に近いです。

言葉を選ばずにいうと、お金をドブに捨てているのと同じです。


それでもあなたは「お金を払って損をしたくない」なんて言えますか?

あなたはお金の価値を0にしているのです。


お金の価値がわならないと、いつまでたっても稼げるようにはなりません。


ぼくはそんな人に「情報の価値」に気づいて欲しいです。


乗り越えるべき課題は何か


それでは、またすこし整理します。

いまのあなたの課題は「お金の価値と情報の価値がわかっていない」です。


あなたが情報にお金を払わない理由を分解すると、以下のとおりでしたね。

・形が残らない
・すぐになくなるのでもったいない
・情報を買っても成長する気がしない

では、情報のいいところを見てみましょう。

結論からいうと、情報は形には残らない代わりに知識として永遠に残ります。


わかりにくいと思うので、例えを用意しました。

例えばです。

あなたが格安SIMの存在を知ったら、携帯代が毎月6,000円ほど安くなりますよね。

いまでこそ格安SIMの情報はどこにでも転がっています。


しかし、まだ誰も知らないときに、こんな情報が10,000円で売られていたらどうでしょうか。

たしかに最初は怪しいですが、この情報を元に格安SIMに変えれば、たったの2ヶ月目であっという間にペイできてしまいます。

だって毎月6,000円の収入がはいるのと同じですから。



どうですかね。

これが情報の力です。

稼げる人は情報にうまく投資して、どんどん稼ぐ力を手に入れています。


なので、これから稼ぎたいと思っているあなたは、情報に投資するということは、非常に大切になってきます。



課題を克服する具体的な方法


ここまでで、だいぶ情報の価値をわかっていただけたと思います。

しかし、情報にも唯一弱点があって、それは「使いこなせる情報は限られている」という点です。


次は、そういう話をしていこうと思います。


これを克服する方法はひとつだけ。

これも、結論から先にいうと「安いものから始める」です。

つまり経験値を積もうという話です。


それでは、解説していきます。

まず整理すると、

情報の弱点は「使いこなせる情報は限られている」なので、まずは安いものから始めましょう。

ということでした。


これを簡単にいうと「情報を扱う熟練度を上げていかないと、上級レベルの情報は扱えない」ということです。

これは、お金を使うときに失敗しないための方法でもあります。


有料の情報でガンガン稼ぐ前に、あなたはまず「情報には価値がある」と、「あなたが自身」が認識するところから始める必要があります。

この「あなた自身」というところがミソです。


「あの成功者が言ってたから、情報には価値があるんだろ?」では意味がありません。

小さな情報でもいいから、それを元に少額稼いで、成功体験を積みましょう。


それではじめて「情報の価値」を少しだけ感じられるはずです。

そうやって少しずつ経験値を溜めていけば、1万円の記事を読んで30万円のビジネスを成立させることも、できるようになっていきます。


そしてこれからIT業界、ネットビジネスで稼ぎたいと思っているなら、その情報はネットで集めましょう。

ネットビジネスの情報はテレビや新聞、もちろんNetflixにも売っていません。



さきほどもお伝えしましたが、

もちろん「パソコンで1台で稼ぐってどういう意味?」って状態の人なら、Twitterやメルマガを使って、無料で情報を集める方がいいでしょう。


無料の情報は、経験値がなくても誰にでも扱いやすくなっていますので。



過去の自分


このnoteを書いているぼく自身、いまでこそWebライターとして活躍できています。

しかし1年前は当然稼げているわけでもなく、情報にお金をかけるなんてもってのほかでした。


何っていうか、、、すごいケチだったんですよね!(笑)



小学生のときの話ですが、

友達の家にあそびに行くときも、100円以下で大容量のお菓子を探すほどケチでした(笑)

(お小遣いもなかったので、かなり節約していました..(笑))


そんなぼくなので、副業をはじめてからも「無料」という情報に飛びついては14ヶ月 収益0円のブロガーをやっていました。


やっぱり、それだけでは稼げなかったんですね。

(※もちろん、無料だけで稼げている人はいますよ!)


しかし情報を少しずつ買うようになってからは、文章を書くにも手が止まらなくなり、書くのが楽しくなりました。

(頭に浮かんでくるのに書くのが追いつかなくなって、そのおかげでタイピングが早くなりました(笑))


最初に買ったのは有料noteでした。

yoshieさんという方の「Webライティングの心構え〜読みやすい文章の基本から私のライター時代の営業方法まで〜」を購入しました。

(※気になった方は読んでみてください!)


3,000円で買いましたが、はじめてにしては思い切った金額を出したなと、今では思います。

だって、3,000円って高額じゃないですか。

友人に紹介されたときも「え、3,000円だよ?高くない?」と、クレジットカードの登録を拒んだ記憶があります(笑)


でも今では、10万円の情報も自分にとって価値があると判断できれば、即購入しています。

だからこそ、独立していきなり文字単価2円のライターにもなれたし、こうやって有料のnoteを自信をもって書くことができるようになりました。


あなたが副業・独立して間もないなら、もちろん最初は無料の情報を集めるのがいいと思います。

しかし

・今よりステップアップしたい
・継続はしているのに稼げない
・そもそも全然行動ができていない

だとすると、有料の情報を集めることが、これからの労働時間の短縮にもなるはずです。


この記事は、あなたの収益アップに繋がればいいなと思って書きました。



未来のあなた


ここであなたに提案です。

この記事を読んで「800円の情報の価値」がわかるようになりませんか?

800円払えばどれだけの情報が手に入るかがわかれば、お金の価値がわかるようになります。


お金の価値がわかれば、見ないのに契約しているNetflixにお金を払うなんて損する行動を取らなくなります。


いつ、いかなるときでも、800円を払うときにはこの記事を思い出してください。

そうやってお金の価値情報の価値がわかるようになりましょう。


そして、もう一度あなたに提案です。



「0円→1円稼げる知識」に投資してみませんか?


無知による、収益の機会損出は避けましょう。



※800円という金額設定は、サラリーマンが外食のランチにかける金額を元に設定しました。
 ちなみに、ランチにかける平均値は「男性:777円、女性:876円」だそうです。(引用元マイナビニュース調べ:https://news.mynavi.jp/article/20140811-a090/)
 つまり、ランチ一回分を情報に投資した場合に、あなたにどれだけの価値を与えられるかがわかります。
 ぜひこの記事を、今後「有料の情報を買うか迷ったときの基準」にしていただけたらと思います。


この続きをみるには

この続き: 5,057文字

有料noteを買う理由を、有料で書いてみた

だいちゃん

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
だいちゃん
文字を書いて、田舎で質素に暮らしています。 プロフィール  28歳 男性 フリーランス ブロガー ライター (元 工場勤務) 記事のスタイル  副業のきっかけ 読書 文字で稼ぐ Twitter  https://twitter.com/Dchan_happy