マガジンのカバー画像

オーナーのバタバタ日記

543
「大山ゲストハウス寿庵(じゅあん)」の日常をつづります。寿庵については、宿のHPへ。https://daisen-guesthouse-juan.com/
運営しているクリエイター

記事一覧

最強寒波きた!

来ましたね、最強寒波。大山山頂で100㎝の積雪の予報だったのですが、宿周りにも90㎝の積雪がありました。 こちらは、24日昼頃の宿周りの様子です。まだ穏やかだったので、寒波来る?と思うくらいだったのですが、その後荒れてきました。 こちらは24日の夕方の様子です。猛烈に吹雪いています。 吹雪の中、除雪。うーん、30㎝くらいかな?? そして24日の夜。玄関前の様子です。スキー立てが埋まってきました。この時点で、朝からのトータルが60㎝です。気温も一日のうちでかなり低下。朝

受けて立つ!最強寒波。

雪が降りませんね。1月中旬ですが、雪が少ないです。昨年の長期予報では大雪だといっていたので、ちょっと覚悟してたんですけど、思ったほど降りません。 ここで生活するだけであれば雪はなくってもいいのですが、仕事に関して言えば雪がないと話になりません。収入は見事に雪の量に比例します。 ただ、ここにきて、今度は最強の寒波襲来のようです。クリスマス寒波はこの辺りはあんまり最強ではなかったので、今回の最強具合には期待したいですが、あんまりどっかり降られると困るので、戦々恐々ではあります

鶏が先か、卵が先か‥。

ほぼ毎晩のようにお客さんとの話題に出るのが、大山のこれから。特に、スキー場に関してです。 バブル時代、こぞって楽しんだスキー。そりゃ、すごい人で、大山は大賑わい。1900年代の最盛期は40万人の利用があったようです。そのうち、20万を切るようになり、15万、12万と年々減ってきました。ひどい暖冬の影響をうけた2019年‐2020年のシーズンには5万人を割ったとのこと。そう、実はコロナ前の年は暖冬の影響でリフトは1か月程度の運行しかできませんでした。そして、コロナ突入の202

慌てずにやりましょう!

あちこちで同業者の悲鳴が聞こえてきます、全国旅行支援の話です。窓口業務に時間がかかり、大変ということですが、うちも同じです。時間がかかります。でも、やるって決めたので、じっくり向き合っております。 1月10日からの支援に参画するかしないか、かなり悩んだのですが、やっぱりすることにしました。この時期は特にお客さんのリピート率が高いので、少しでもお客さんが喜んでくれたらって気持ちが勝りました。あと、冬季は駐車場料金がかかるため、そのため、少しでも還元してあげたいと思ったからです

する?しない?インバウンド。

先日宿泊のお客さんから、白川郷へ行ったら。外国人だらけだった‥。と聞きました。北海道にスキーに行った常連さんからも外国のお客さんばかりで、店で英語で話しかけられて、日本人ですよ!ってスタッフに伝えた‥なんて話まで。3年ぶりにインバウンドのお客様が帰ってきた・・ということですね。 鳥取県にいると、そんな気があんまりしない。でも、大山のゲレンデにも今シーズンは海外のお客様を見かけるようになったので戻ってきてたのでしょう。 さて、寿庵はこれからどうするのか??コロナになる以前、

冬は雪空ボトル。

ひさしぶりに大山水の旅ボトルの話題です。昨日、九州からこのボトルを買いに来てくれた方がいます。こちらのNoteをたまたま発見し、ボトルのことを知って(登山ついでとはいえ)わざわざ買いに来てくださったようです。ありがとうございます。 ボトルを作ったいきさつは下記をみてね。 昨年の2月から販売を開始したボトルですが。おかげさまで多くの方に買っていただきました。ありがたいことです。目標は1000本ですが、さすがにそれは無理。何とか500本は売りたいなぁ‥。 どのデザインが一番

仕事が分刻み‥。

1月の連休も無事終わり、ほっと一安心。ちょっとゆっくりできるかな?と思いきや、今朝は6時台からチェックイン(荷物預かり)が始まりました。大山の旅館あるあるです。 連休は久しぶりに2日連続の満室。といっても、定員を元に戻していないので、マックスではないのですが、なんともギリギリの仕事っぷり。もう分刻みに動いてる(つもり)んですが、追いつかない。やることが多すぎるのか?効率が悪いのか?なんだかよくわかりませんけど、余裕がありませんでした。2018年ごろの宿帳を見ると、いったい自

三連休。

忙しい日が続いています。忙しい‥わけではないのですが、シーズンスタートして、一日も休みがありません。おかげさまで連日、1名くらい入るもんで、途切れずに、記録更新です~~~! そして、三連休。久しぶりのお客さんにいつものお客さん、初めてのお客さんもあり、2日間は満室(定員は7割くらいに抑えています)です。まずは無事に乗り切れるよう願うばかり。たった2日の満室でもドキドキします。 連休ということで遠くからお越しのお客様もいます。残念ながらお天気は今一つ、青空の大山が見てほしい

大山の日々。

2023年も恙なく始まりましたね。写真は今年初の剣ケ峰の写真。Kさんからいただきました。初物で縁起がいい。 コロナ元年の2020年から4年目に入ったコロナですが、ずいぶんとお客さんの動きも変わってきました。私たちが行うマニュアルは相変わらず初年度と同じ対策ですが、私も随分リラックスしてそれらの業務を遂行できています。わけわからない恐怖心(責められるあの感じ)が消え、何があってもどど~んと構える気持ちで日々過ごしています。 お客さんの問い合わせも増えてきました。コロナになっ

あけましておめでとうございます。

2023年スタートです。昨日は差し入れのそばをみんなで食べて、そして今日は差し入れのお餅で、お雑煮をつくりふるまいました。今年も安全に山を楽しめる拠点として、頑張りますので、皆様よろしくお願いいたします。 2023年の寿庵オリジナルカレンダーの1月は大山山頂からのご来光です。ここ3年連続でご来光写真が選ばれたのですが、(山をやる人にとって)やはりこれが大山を象徴する景色なのかもしれませんね。 残念ながら初日の出は大山山頂から拝むことができなかったようです。でも、みなさん、

今年もありがとうございました。

今年最後の日、宿ができてることを感謝して、お客さんとゆっくりと過ごせたらいいなぁ~‥なんてことにはならずに、今日も相変わらずあわただしく過ごす予定の、寿庵オーナーです。 なんだかんだで、来年は10年目に突入。よくもまぁ、途中で投げ出さなかったなぁ。ただビジネス的にはまだたったの10年。寿庵の前のおかみさんは40年商売されてたのだから、やはりすごい。やってわかるそのすごさ。周りの宿も3代目~6代目のご主人がいるのですが、当たり前にあるその宿の看板の歴史を考えると感服する。

日日是好日

いや~~~バタバタしております。オーナーのバタバタ日記本領発揮です。いや?バタバタというより、アタフタかもしれない。とにかく忙しく日々過ごしております。 大山が最も忙しいシーズンに入り、少ないながらも連日稼働中です。まだ、コロナ前の定員に戻していないので、数字を見たらそうでもないのですが、色々と宿以外の業務もあるので、なんだか忙しいのです。 コロナ前はもっともっとがむしゃらに働いてた。数字を見れば一目瞭然。「コロナだから」はもう言い訳で、集客する努力をすればいいのだけど、

今年最後の山へ行ってきた。「大山歩き納め」

スキーが始まり、そして雪山が始まりました。私にとって一年でも最も忙しい冬シーズンに突入です。先日、マイカーともお別れして、この大山エリアから一歩も出なくなるのですが、目の前には飽きることのない景色が広がります。 今日は、お客さんのチェックアウトののち、掃除などの業務はひとまずほっておいて、今年最後の大山登り納めならぬ、歩き納めをしてきました。 コースは、神社の参道を歩き、寂静山経由で元谷です。普段から散歩コースとして歩いてるのですが、このコースをスノーシューで歩くのは今シ

いよいよオープンしました~~!

昨日23日はスキー場開き。ただ、一昨日から全国的に大荒れの予報。さすがにあのニュースを見るとビビるかもしれませんが、大山エリアは常にあんなお天気なので、意外と除雪もスムーズに行われ、雪道に不安がないお客さんであれば問題なくお越しいただけます。 昨年は2m超えたので、まだまだ今現在80㎝。たいしたことない!!(やせ我慢) それでは、吹雪の中のスキー場開きの模様を写真でお伝えします。寿庵から徒歩5分以内のところにゲレンデへ行くリフトがありますので、こちらに乗車です! という