【コラム】僕が大事にしたいこと。

こんにちは、だーりぁです。
久しぶりのコラム更新です。

やめたろーさんが運営するショートショート創作サロンに参加して、
ここ半月ほどで4作品のショートショート小説を書き上げてきました。


そんな僕がショートショート小説を書くときに大事にしたいことを簡単にまとめました。


❶いかにオチをつけるか。


僕は小説を書くとき、オチから考える事がほとんどです。

作品の最後の最後、

オチの部分で読者に何を伝えたいのか。

どのような読後感を与えたいのか。

このオチを基に、作品全体の構成や世界観を考えていきます。


❷いかに行間を読ませるか。


読んで字のごとく、ショートショート小説は基本的に短い文章で紡ぐ物語がウリです。

従って余分な文字による長ったらしい文章は好まれません。

つまり、蛇足部分をいかに削るか。

僕が思うにショートショート小説において、

全てを描写する必要はない。

と考えています。
むしろ、80%ほどの描写率で残りの20%を、

行間で読ませる物語にセンスを感じます。

それに直接的な描写ではなく、行間で読者に想像してもらって、補完してもらう物語は奥行きが広がりますよね。


❸いかに書き出しで物語に引き込むか。


実は僕が物語を作るとき、1番最後に考えるのが書き出しだったりします。

しかしながら、とても重要な部分であるのは間違いなく、

書き出しが悪いと読者は読む気を失くします。

書き出しがやたらとくどい説明口調で、それがやたらと長ければ、読む気を失くなるのは当たり前ですよね?

理論的に言えば、短く効果的な書き出しで物語に引き込むことができれば、ほぼ確実に読者の印象に残るといっていいでしょう。

大事にしていることはこの3つです。


もう少し作品が溜まってきたら僕の小説を事例に用いて、より詳しくまとめます。


この度は、最後まで読んで下さり、

ありがとうございました☺︎


#ショートショート
#小説

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

あなたのサポートが僕の養分です。より良い作品を書く糧にさせて頂きます。

宜しければシェアもお願いします!
2
"物語作家兼ライター"▼ #ブロギル ショートショート創作サロン1期卒業生▼法学すき→平成27年度行政書士試験合格▼創作依頼はこちらから→https://coconala.com/services/617237

コメント2件

僕もこの順序で小説を書きます。
僕の場合はショートショートではありませんが、星新一先生の作品はすべて読んでいますので、無意識にこの習慣が身に付いたのかもしれません。
大村あつしさん、コメントありがとうございます!創作を始めて改めて星新一先生の持つ原点にして頂点のような創作スタイルの素晴らしさを思い知らされます。今後もその点に忠実に、自分の色が出せたらと思うものです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。