見出し画像

相手のためを思っての批判を

 少しネットを覗くだけで、膨大な主張・意見、それらに対する賛否両論を目にする現代。著名人から一般人まで、あらゆる人々の意見がネット上を飛び交っていますが、想像以上に批判の多いことに気付きます。

 批判は「言論の自由」として認められた人権であり、批判があってこそ議論も活性化し、磨かれるはずです。しかし、その目的は一体どこにあるのでしょうか。何のための誰に向けた批判なのか、批判には発言者の相応の責任が伴うように思えてなりません。

 では、責任の伴う批判とはどのようなものなのか。それは、「他者のことを考えた批判」だと思います。「批判」と「他者を思いやること」は一見両立しないように見えますが、批判の目的が「相手の成長・改善を願った上での行為」であるならば、矛盾はしません。

 60年代に流行した「一億総白痴化」という言葉になぞらえて「一億総クレーマー化」社会と揶揄する声もある現代。まずは自分から、出来る限り相手の立場・状況を考える努力=思いやりの姿勢で、日々の発言に責任を持とうと思う今日この頃です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
世の様々な事象について、自分なりに思索したことを書こうと思います。映画・芸術鑑賞、読書が趣味。小学生の時に歴史に興味をもち、そのまま歴史学の道に進むことになった高校教員です。よろしくお願いします。

こちらでもピックアップされています

先生の部屋
先生の部屋
  • 10本

日々の学校生活や教育に関するプラスになる記事をまとめています。 ここにある記事が一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。