見出し画像

よなよな41 救い

自分

ばな子

なんでそんないいエピソードを毎回持ってるんですか、まみちゃん!
でも、ほんとうにそういうことってあると思います。無視できないほどの圧を持って、知らせてくるものって。
先日亡くなったダリア・ニコロディ(『サスペリア』のダリオ・アルジェントの元奥さん、アーシア・アルジェントのお母さん)さんに、イタリアのパーティで1回だけ会ったことがあるんです。ものすごく美しくてさすがに変わった人でした。魔術みたいな変な挨拶(手を顔の前でいろんな形に動かす)をした後で、これをあげるって言って、彼女がしていたリングをくれたんです。小さなパールがついた。
それがあまりにパワフルすぎて、やっぱり私、身につけられなかったんですよ。
そんじょそこらの悪霊とか吹き飛ばしそうでしたね(笑)。
そしてめったにそういうことを言わない私の父が、彼女の写真を見て、「うわあ、すごいなあ、イタリアにはやっぱりこんな美人がいるんだ、こんなきれいな人見たことない」って興奮気味に言ったのが、忘れられません。魔女!
きっと叶恭子さんのあのダイヤ、そのへんのマダムがしたらすぐ死んじゃう、そんな気がします。だからでっかくてうらやましいなとは微塵も思わず、彼女の背負っているものの大きさ大変さにめまいがするのみです。

この続きをみるには

この続き: 4,478文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばなな…

まだまだ書きますから、よかったら読んでね!
302
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!