見出し画像

よなよな45 ミツバチ

ばな子

センサー

ひんぱんにじゃないけれど、私もよく芸能人に仕事やプライベートで会います。
普通のお店に喜んで「どや」と来てくれるのは、芸人さんだけで(いつも行く難波のボロい居酒屋に単独を終えた渚ちゃんが来たときはなんだか感動しました)、他の方たちは高めのお店の個室か室内でしか会えません。
これじゃあ、すぐスキャンダルに発展するよな、とよく思います。だって個室だから。
ひとりで外を歩くことができない、それに近い状況になったこともありますが、私はやっぱりよしもとだけに(?)、芸人側の自由を選びました。電車は泣く方がいると困るので、ひとりではあまり乗らない(乗ってるけど)ですが。
ひとりの人が大きなお金を稼ぐ状況に、他の人の生活がかかっている状況でしか生まれないなにかがあるんですよね。文芸の衰退によりあまり稼げなくなったので、出版社の方たちの重みも減ってくれました。あとは死ぬまで書き続けて、ちょうど生きる分、家族を助けられる分だけ稼ぐだけです。

この続きをみるには

この続き: 6,948文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばなな…

ありがとうございます😆
286
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!