見出し画像

よなよな37 馬

ばな子

振り落とす

まみちゃんが馬のように生きている様こそが、「創作」「作品」なんですよ。
そして私とかホドくん(笑)がしているようなことは、どちらかというと、二次創作なんです。
神がそういう才能しか与えなかったからこそ、小説や映画を生涯かけて黙々と創っているのですが、つまり、オレらのほうが二流なんです。人間という生きものにおいては。
だけど、なにかを成したほうがいい、残したほうがいいという謎の洗脳によって、逆かのように見えているだけなんです。
だからある意味残さなくていいんです。
兄貴や、まみちゃんのほうが偉大なんです。残るものは、そういう人が毎日見せてくれる、智慧の輝きのほうなんです。それが子どもたちや周りの人たちにかけらになって入って、受け継がれて、永遠に生き続ける。
そこは決して、違えないでください。より道具が必要なほうが基本、より低級。だからこそ、必死に書くんです、創るんです。

この続きをみるには

この続き: 6,285文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばなな…

またいつでも来てください!
311
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!