見出し画像

よなよな40 静かな心

ばな子

瞑想

育児期の本能の強さって、今ではもう思い出せないほど獣でした。
ほんとうに今でも謎なんですが、急に体が酒を拒否したのは当然としても、このジュエリー研究の道を極めた私が、石のついたリングができなくなったんですよ。ひとつだけ大丈夫なのをいつもしてました。石がついてないのは大丈夫でした。…ってことは、あれってすごく強烈なものだから、何個もするのは命取り。叶恭子さんがしてるでっかいダイヤのなんて、あの人だから大丈夫なんだと思いますね。
もちろん服もまみちゃんと同じ感じで、常に動きやすく子どもを包みやすくなるべく古っぽいこなれた布地のものしか着ることができませんでした。
またうちの子がなぜかいつも私めがけてゲロを吐いてくるから、すぐ洗えるものしか着てなかったし。
それで、スタンダードなカジュアルのそこそこタイトな(決して否定してるのではなく、某クロみたいな)服と、自然的な服(決して否定してるのではなく 笑 長袖ワンピース一択、麻か木綿みたいな)って、決して動きやすくはないし、洗いやすくもないなっていうことがわかりました。ある種の幻想みたいなものだなって。
昔、たまたまイベントで挨拶をしたお嬢さんが、顔色悪く体つきも不思議な感じで全く健康的ではないのに「〇〇っていうブランドがあって、〇〇っていう人がたったひとりで、全て自然の素材から作っているんですよ、私もそれを着るようになって健康になりました、ばななさんもぜひ」って優しく教えてくれたんだけれど、こういうお嬢さんを決して騙さないでほしいなって願うしかできませんでした。
そういうブランドをいくつか知っているんだけれど、ものすごくインチキだったり、不思議すぎる価格設定だったり、ブラック企業だったりして、胸が痛むことが多いです。もちろんほんとうにすてきな場合もいっぱいあるから、それこそ取捨選択するのは買う人なので、それもまた選ぶ楽しみ、全然いいんだけれど。

この続きをみるには

この続き: 4,443文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばなな…

感謝感激梨汁ブシャー
335
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!