見出し画像

よなよな32 向き不向き

ばな子

経験

私はまみちゃんのお母さんとはまた違う感じに神経質に病んだ母に育てられたので、決まったことは頭で絶対やっちゃう癖みたいなのがあります。
でも、頭でやっちゃっていても、「なんか違うんだよな」っていうのを体はわかっていて、だいたい倒れるか暴れるか挫折します。必ずそのきわきわまで行くのがルーチンというか。
まあ、あまりよくないことはわかっていても、こうして自覚さえあれば、くりかえしの中で少しずつ学ぶんですよ、頭と体が。「そろそろ倒れるよな、私。だってむりがあるもんな〜」みたいな感じで。
そうして得たことって、なかなか離れていかないので、いいのではないかと思っています。
だから亀にもバナナを毎日買ってきて食べさせてるんだけど。意識するとつい目について、買えちゃうんですよね。この変ながんばりも私を私たらしめているが、この学習法により、歳と共にだんだんなくなっていくような気がしてます。
あ、バナナ買い忘れた。じゃあみかんでいいか、ってあげたら亀が食べたりしてね。

この続きをみるには

この続き: 4,487文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

よなよな、人生について意味なく語り合うばな子とまみ子。 全然違うタイプだからこそ、野生児まみ子の言うことを聞くとばな子こと小説家吉本ばなな…

またいつでも来てください!
374
吉本ばななです。主に小説を書いています😊noteは私の最前線です!