D2C dot代表取締役社長に就任しました
見出し画像

D2C dot代表取締役社長に就任しました

はじめまして、D2C dot代表の岡です。
6月9日にD2C dotの代表取締役社長に就任し、はや一か月が経ちました。
何者なんだ!?、会社の方針が大きく変わるの!?、と思うかもしれないので、そのあたりについて書きたいと思います。

自己紹介

まず簡単に自己紹介を。
2005年に中途でD2Cに入社し、ドコモメディアやSNSメディアのセールスに従事していました。
ゲームなどエンタメコンテンツを提供する広告主やネット専業系の広告会社を主な顧客とし、2013年に営業本部長に就任。

ちょうど2013年前後は、モバイル広告がガラケーからスマホに転換しはじめた頃。
マーケットが変わり、プレイヤーが変わり、D2Cも新しいことを始めようとなって立ち上がったのが広告代理店事業でした。
2013年2月にD2C Rという会社が設立され、僕も翌年2014年からD2C Rに参画。
その翌年2015年から今年の6月まで社長を務めてきました。

ネット広告、その中でも特にモバイル広告は成長市場。
よっぽど戦略を間違わないかぎり一定までは伸ばせるとは思っていましたが、“ド”が付くほどの後発参入でもあったので、経営の真ん中に置いたのが「人」。

長く活躍してくれそうな人材を集め、社内は意見闊達に、自分の意思で仕事や会社を動かせるカルチャーを作る。
それが継続的に会社を成長させるポイントだと判断し、事業面以上にそのカルチャーづくりにこだわりをもってやってきたつもりです。

D2C dot 代表に就任して

そして今回、D2C dotの代表に就任しました。
これまではメディアや営業が中心のキャリアだったこともあり、制作やクリエイティブの領域はなかなかに素人(笑)
僕もイチから学ぶ気満々です。
なので、まず最初にやるべきことはメンバーと会話をしっかりすること。

これまでの常識や価値観、D2C Rでの事がそのままD2C dotの事業領域で活かせるとは思っていません。
僕が「会社」と「人」をしっかり理解することが何より重要だと思っています。

リーダーが変わると存在感を出すために無理に何かを変えようとするケースがありますが、それは愚の骨頂。
変えることを目的にせず、正しいと思える方向にしっかり導くだけだと思っています。

実際、この一か月責任者中心にメンバーと会話をしてきました。

事業や役割ももちろんですが、強みや特徴の理解もだいぶ進みました。
その中で皆が共通して言っているキーワードがあり大事だなと、変えずに伸ばしたいと感じたことがありました。
それがより促進されるような制度や雰囲気をもっと作り出したいと思っています。

今後に向けて

一方で課題もあるのが組織。
理想と今には必ずギャップがあるものです。
それこそが課題であり、それにしっかり向き合い埋めていける会社が強く成長できる会社。

これもまたメンバーとの対話の中でいくつか気付きや課題があったので、今後より話をしながら解消していきたいなと思います。

D2Cグループ全体としてはメディアで成長をしてきた歴史がありますが、クリエイテイブや制作、顧客の課題解決力があってこそ広告会社としての価値が高まり、差別化がはかれる。
そこを真の強みにするためにもD2C dotの役割と成長は不可欠。

より価値が高まるカタチにしていくのが僕の役割だと思っているので、一歩ずつ前進あるのみです。

追伸
コミュニケーションが何より大事と思っているタイプなので、今直接メンバーに会えないのはやっぱりもどかしい。。。

相互理解はまだまだなので、僕のことをとっつきにくいと思っているメンバーも多数いるはずです。
その辺にいるおっちゃんなので、遠慮なく声をかけてもらいたいですし、時期が来たら、飲みにも行きたいですね♪


画像1

岡 勇基 / おか ゆうき
大学卒業後、2002年 住宅メーカーに入社
2005年 ディーツーコミュニケーションズ入社(現D2C)
広告主、広告会社向けのモバイル広告営業を一貫して担当
2013年 営業本部長に就任
2014年4月 D2C Rにて営業担当取締役に就任
2015年4月 D2C R取締役社長に就任
2016年6月 D2C R代表取締役社長に就任
2021年6月 D2C R代表取締役社長を退任
2021年6月 D2C dot代表取締役社長に就任
2021年7月 D2C執行役員に就任



スキありがとうございます!
D2C dotは、企業や商品が「伝えたいこと」を最適な手法で「伝わるカタチ」にするプロデュース集団です。D2C dotで働くメンバーやデジタルマーケティングの事例・技術をお伝えしていきます。https://www.d2cdot.co.jp/