サイゾー
「汚い現実を濃縮した毒気がいっぱい!」【アートディレクター・若野桂】が魅了された"ひみつ道具"
見出し画像

「汚い現実を濃縮した毒気がいっぱい!」【アートディレクター・若野桂】が魅了された"ひみつ道具"

サイゾー

『のび太の恐竜』(80)に出てきた「桃太郎印のきびだんご」に憧れていました。恐竜を手なずけて、言うことを聞かせるあれです。僕、農家の育ちで、いろんな動物と遊んでたんですけど、いうことを聞かない動物もたくさんいて大変だった(笑)。これだったら深いコミュニケーションが取れるなって。

アートの分野にも身を置く者としては、「悪運ダイヤ」が気になりますね。他人に自分の不幸をなすりつけることのできる恐ろしい道具ですが、「貴金属を欲しがる人はツイてない」という発想は面白い。見た目がきれいなものはつい欲しくなってしまうというのは、大人社会でよくあること。これ、完全に藤子F先生の毒ですよ。ダイヤモンドって、実際の生活では何の役にも立たないですしね。アートの収集にも通じるし、美の罪深さを象徴した道具です。

この続きをみるには

この続き: 584文字

アニメ[禁]事情【2014年11月号特集】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)