過酷な美容部員間の競争! 競合ブランドからの引き抜きも…美容部員の採用とは?

資生堂のサイトには現在、2018年度の美容職の採用情報が掲載されている。

 美容部員の採用は、メーカーやブランドによってまちまちだそう。

「美容専門学校卒しか受けられないブランドもあるし、四大の新卒が多いところもある。大卒の学部はバラバラ。また、主婦や育児が一段落した40代の経験者が多い会社も。他社からの引き抜きもよくある話ですね。ちなみに、化粧品メーカーの総合職とは採用が別。総合職は四大卒以上の狭き門で、美容部員から本社勤務になるケースはとても少ない。美容部員は基本的には地域採用で、本社で1週間から10日間の皮膚生理学やメイクなどの研修を行った後、関東圏とか採用された地域の百貨店に配属されます」(現役美容部員)

この続きをみるには

この続き: 613文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

過酷な美容部員間の競争! 競合ブランドからの引き抜きも…美容部員の採用とは?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)