【元国民的アイドルグループメンバー・三上悠亜】が語る"アイドルの終焉"――「私はアイドルを愛していたけど、アイドルにはなれなかった」

――2009年から14年まで某国民的アイドルグループに在籍、翌15年にはセクシー女優としてデビューし、トップ女優へと華麗なる転身を遂げた、三上悠亜。重度のアイドルのオタクであることでも知られる彼女が語る「アイドルの終わり方」とは?セクシーすぎるグラビアと共にお届け!

(写真/河西遼)

 2016年12月31日をもって、SMAPが25年の歴史に幕を閉じた。女性アイドルでは、AKB48を支えてきた小嶋陽菜がこの4月19日にグループを卒業、6月12日にはハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)の中心グループである℃-uteが結成12年にして解散、同ハロプロ内では、Berryz工房の活動休止を経て現在はカントリー・ガールズのプレイングマネージャーを務める“ももち”こと嗣永桃子が6月30日をもって芸能界を引退するなど、近年、人気アイドルの解散や卒業が相次いでいる。膨れ上がったアイドルバブルが崩壊を迎えつつあるいま、我々は、「アイドルのその後」について対峙せねばならないのかもしれない――。

 では、そんなときこの人はどう思うのか? かつて某国民的アイドルグループに所属しながら、数々のスキャンダルにまみれ14年4月に同アイドルグループを追われるように卒業。ところが翌15年6月、AV業界に華麗に転身してみせ、現在はトップAV女優として君臨する三上悠亜、その人だ。彼女には、知る人ぞ知るもうひとつの顔がある。生粋のアイドルオタク、なかでも、小学生時代からというディープなハロプロファンなのだ。

 自身が国民的アイドルグループに所属しながらアイドルオタクでもあり、また現在は、AV女優を中心としたアイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」でさらなる活躍を見せている――。そんな業の深いキャリアを誇る彼女に、アイドルの輝きとはなんなのか、そしてその、悲しくも儚い“終わり”について話を聞いた。

 三上悠亜がアイドルの存在を知ったのは、小学校低学年のとき。テレビで「LOVE涙色」(2001年)を歌い踊る松浦亜弥の姿を見て、そのキラキラとした世界に心を奪われた。夢中になった彼女は、松浦が所属するハロプロの情報をパソコンで毎日のように追いかけるようになる。そこで出会ったのが、04年に平均年齢10・7歳という若さでデビューしたBerryz工房だ。

(写真/河西遼)

「最初はキライだったんですよ。(メンバーの夏焼)雅ちゃん(デビュー当時12歳)の金髪を見て生意気だなって思って。でも、気になって見ちゃうんですよね。それで当時の親友と一緒に応援することに決めて、最初に行ったのが地元・名古屋で開催された『21時までのシンデレラ』(05年)のリリースイベントでした。部活終わりに駆けつけてメンバー全員と握手したんですけど、そのときのももち(嗣永桃子)が神対応すぎて、その瞬間からももち推しに。ヲタ仲間もできて、それから中3くらいまで、毎週土日はず~っとヲタ活してましたね」

 名古屋の中学生だった彼女にとって、アイドルの魅力とはなんだったのだろうか?

この続きをみるには

この続き: 5,437文字 / 画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【元国民的アイドルグループメンバー・三上悠亜】が語る"アイドルの終焉"――「私はアイドルを愛していたけど、アイドルにはなれなかった」

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)