三上悠亜が語る「アイドルの終焉」【2017年6月号第3特集】

1

【元国民的アイドルグループメンバー・三上悠亜】が語る"アイドルの終焉"――「私はアイドルを愛していたけど、アイドルにはなれなかった」

――2009年から14年まで某国民的アイドルグループに在籍、翌15年にはセクシー女優としてデビューし、トップ女優へと華麗なる転身を遂げた、三上悠亜。重度のアイドルのオタクであることでも知られる彼女が語る「アイドルの終わり方」とは?セクシーすぎるグラビアと共にお届け!

(写真/河西遼)

 2016年12月31日をもって、SMAPが25年の歴史に幕を閉じた。女性アイドルでは、AKB48を支えてきた

もっとみる