『テニミュ』 だけじゃない!2・5次元の"舞台ウラ" 黄色い声援を背に目指せ海外展開!?――マンガ業界噂の真相9連発【6】

――マンガ作品を原作とした舞台が次々と公演され、ジャニーズばりの女性人気を獲得しているという。その人気の秘密はどこにあるのか? 舞台ウラに迫る!

若手イケメン俳優が、マンガなど2次元の世界を3次元の舞台上で再現する。そんな"2・5次元"の舞台やミュージカルが、一部の女性ファンを熱狂の渦に巻き込んでいる。その代表作として有名なのが、1999年から08年まで続いた長寿マンガ『テニスの王子様』(許斐剛/集英社)を原作とした、「ミュージカル・テニスの王子様」(以下、テニミュ)。03年の初舞台から、実に約12年の歴史を持つ人気コンテンツなのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,728文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

『テニミュ』 だけじゃない!2・5次元の"舞台ウラ" 黄色い声援を背に目指せ海外展開!?――マンガ業界噂の真相9連発【6】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)