このマンガが“本当に”すごい! 「技術」がわかる、最新マンガ傑作選

――本文にもご登場いただいたマンガ研究家4氏が推薦する、「マンガ技術」という観点から見ていま読むべきマンガ6作品!

■空間把握はむしろ秀逸!
『進撃の巨人』

(諫山創作、講談社刊)
09年より「別冊少年マガジン」で連載中の大人気マンガ。13年にはテレビアニメ化され好評を博し、小説、ゲーム、実写映画(今年8月公開予定)など、様々なメディアミックスがなされている。

「人体のデッサンは独特かもしれないけど、巨人のスケール感や立体的に縦横に飛び回るキャラクターの描写など、空間把握はむしろしっかりしている。にもかかわらず、何か醸し出れるこの"洗練されてない感"は、アウトサイダーアートに近いかも。描線の荒々しさに、劇画回帰的なところも感じられます」(伊藤剛氏)

「微妙にパースが取れてない感じが、この作品の気味悪さをうまく助長している。まるで世界そのものが歪んでいるように見えるんです」(中野晴行氏)

続きをみるには

残り 1,673字 / 10画像
この記事のみ ¥ 100
期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?