MARIAから水曜日のカンパネラまで――“女子ラッパー”の現在

 タフな男の世界というイメージのある日本語ラップ・シーンだが、今日に至るまでさまざまなフィメール・ラッパーも登場している。例えば05年に「B-BOY PARK」のMCバトルで準優勝したCOMA-CHI、高校時代にDJ BAKU、般若と活動していたRUMI、神奈川のヒップホップ集団SIMI LABの紅一点・MARIA、「高校生RAP選手権」で名を上げたJKラッパー・ちゃんみなといった面々である。

 左上から時計回りに、水曜日のカンパネラ『ジパング』(TSUBASA RECORDS)、DAOKO『ShibuyaK / さみしいかみさま』(トイズファクトリー)、MARIA『Detox』(SUMMIT)、ちゃんみな『未成年 feat. めっし』(SOR)。

 彼女たちは従来のシーンと接点のあるラッパーとして位置づけられるが、近年、それとは異なる文脈から登場した“文化系”女子ラッパーが人気だ。具体的には、エレクトロサウンドに脈絡のないリリックが乗る水曜日のカンパネラ、脱力系お料理ラッパー・DJみそしるとMCごはん、現役OLエレクトロラップユニット・Charisma.com、ウィスパーボイスのニコ動出身ラッパー・DAOKO、女子の日常を自然体で綴る泉まくらなどだ。こうしたラッパーたちについて磯部涼氏はこう語る。

この続きをみるには

この続き: 225文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

MARIAから水曜日のカンパネラまで――“女子ラッパー”の現在

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)