サイゾー
当たるも出るもアニメ次第!?パチンコタイアップ機種の成否

当たるも出るもアニメ次第!?パチンコタイアップ機種の成否

サイゾー

――パチンコ店に足を運べば、見渡す限りアニメとのタイアップを図った最新機種が並ぶ。誰もが知るメジャーなアニメから、局地的に知られるマニアックなアニメまで、ジャンルも多彩だ。「パチンコユーザーが減少」といわれる裏で、今、パチンコメーカーはアニメの“質”でしのぎを削る。

(写真/cherry chill will)

正義超人と悪魔超人の戦いに胸を熱くした『キン肉マン』、小栗旬主演で実写版も公開された『ルパン三世』、ラノベからアニメ化、果てには映画にまで行き着いた『涼宮ハルヒの憂鬱』、今も劇場版の新作が話題となる『新世紀エヴァンゲリオン』──ここに挙げたアニメに共通しているのは、熱狂的信者を持つ作品である点と、〈パチンコ〉である。昨今、パチンコ店にズラリと並ぶ筐体の約半数が、アニメとのタイアップ機といって過言でない。古くは『天才バカボン』(00年)から『ゲゲゲの鬼太郎』(00年)といった昭和を代表するアニメから、近年の作品では前述『新世紀エヴァンゲリオン』(04年)や『涼宮ハルヒの憂鬱』(14年)など、アニオタや若年層からも猛烈に支持を得るタイアップ機まで、恋愛からロボット、妖怪など、アニメのジャンルも多岐に渡る。中には、現役で活躍する豪華声優陣を起用した「完全自社オリジナル」で製作されたパチンコも存在するほど。これらがパチンコユーザーの間で話題となったのは、”本家顔負け”のクオリティを誇るからにほかならない。なぜ、こうまでしてパチンコ業界はアニメとのタイアップを図るのだろうか? 本稿では、「アニメ×パチンコの親和性」、そしてそのパチンコ台(遊技機)で繰り広げられる「アニメの質」について紐解いていきたい。

この続きをみるには

この続き: 6,114文字 / 画像8枚

アニメ[禁]事情【2014年11月号特集】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)