スマホで読めるマンガアプリが乱立! ニワンゴのマンガアプリが「少年ジャンプ+」を喰う!?――マンガ業界噂の真相9連発【2】

スマホで読めるマンガアプリが乱立! ニワンゴのマンガアプリが「少年ジャンプ+」を喰う!?――マンガ業界噂の真相9連発【2】

2014年、マンガ誌の休刊が相次いだ一方で、昨年あたりから活発な動きをみせているのが「マンガのアプリ化」だ。集英社が14年9月より「少年ジャンプ+」のサービスを開始し、テレビCMなどでプロモーションを展開。小学館ではウェブコミック配信サイト「裏サンデー」を発展させた無料アプリ「Manga ONE」を、講談社でも「週刊Dモーニング」「少年マガジン コミックス」などのアプリをリリースし、スマートフォンやウェブでもマンガを楽しめる環境を整えた。もはや、「オワコン」のマンガ雑誌に代わる媒体として、マンガアプリにようやく着手し始めたのだ。

一方、このような出版社系のアプリに先んじてすでに大きく動きを見せていたのが、DeNAやLINE、NHN PlayArtなどのIT企業だ。スマートフォンのアプリの開発者は、見通しを語る。

この続きをみるには

この続き: 1,224文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

スマホで読めるマンガアプリが乱立! ニワンゴのマンガアプリが「少年ジャンプ+」を喰う!?――マンガ業界噂の真相9連発【2】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)