本国の資金を食い潰す? 早々に17Liveがピンチ!?

『セルフキャスト! ~ビジネスを加速させる動画配信』(小社刊)

 全世界で4000万人超のユーザーを擁する、台湾発のライブ配信アプリ「17Live」。渋谷駅の広告ジャックなどで目にしたことのある人も多いだろう。

 昨年の日本進出記者会見では、台湾人の人気配信者がライブ配信を実演し、数分間の配信中に視聴者から数百万円相当の「ギフト」が贈られたりと、このアプリと運営会社の金満ぶりがうかがえるが、その一方で配信者たちは日本法人の運営方針に疑問を抱いているという。配信者として活動している一般人の女性はこう語る。

「17Liveの日本法人・17Media Japanは人気配信者たちを呼んでパーティをやったり、CMを打ったりとお金あるな〜と感じますね。配信者もその恩恵を受けられているので、公式配信者になれば、1日2時間までの規定はありますが、時給2000円もらえます。上限はありますが、1日80分配信するだけで4000円は保証され、月に8万円稼げるのはおいしいです。ただ、あれだけ広告を出しているのにユーザーがなかなか増えない。配信仲間とこのサービスも長くは続かないだろうと話しています。いくら、アジアで人気とはいえ、こういうサービスで、日本で今も続いているのは『SHOWROOM』ぐらいですしね」

この続きをみるには

この続き: 440文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

本国の資金を食い潰す? 早々に17Liveがピンチ!?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

ウェブ(禁)新論【2018年5月号第1特集】
ウェブ(禁)新論【2018年5月号第1特集】
  • 17本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。