美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側――マンガ業界噂の真相9連発【3】

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側――マンガ業界噂の真相9連発【3】

――上野の森美術館で開催中の「進撃の巨人展」は、大盛況だという。では、その展覧会は誰にとって一番オイシイのか? そして、美術界ではどう評価されているのだろうか?

2014年に累計発行部数4000万部を突破した、諫山創原作のマンガ『進撃の巨人』。同年11月28日から上野の森美術館で開催されている「進撃の巨人展」は連日、長蛇の列だ。主催者側は15年1月25日までの期間中、20万人の来場者数を見込み、開催から約20日で10万人を突破。また、15年の夏から秋に大分や大阪へ巡回することも決まった。そんな展覧会を訪れると、原画展示のほか、実物大の巨人や立体機動装置を仮想体験できるシアターなど、テーマパーク並みの演出が目立つ。美術評論家の暮沢剛巳氏は、こう評する。

この続きをみるには

この続き: 1,392文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側――マンガ業界噂の真相9連発【3】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)