演技者としてのEXILE一族【1】ドラマ&映画界を黒く染められるのか? 第二のジャニーズになるためのEXILEドラマ論

演技者としてのEXILE一族【1】ドラマ&映画界を黒く染められるのか? 第二のジャニーズになるためのEXILEドラマ論

サイゾー


――最近、EXILE TRIBEの面々がテレビドラマや映画に出演する機会が増えている。彼らを映像作品に送り込むLDHの戦略はいかなるものなのか? 今後彼らがドラマ・映画界の台風の目になることはありえるのか?批評家たちによる出演作レビューを交えて、役者としての彼らの実力を問う。

【EXILEは大根ばかり!?注目のLDH俳優班プロフィール!】
※(ド)=ドラマ作品、(映)=映画作品。

EXILEの白いイケメン枠で殴りこみ!―GENERATIONS―

■ヤンキー役も可愛い!
白濱亜嵐
主な出演作:『シュガーレス』(ド)、『セブンデイズリポート』(映)
イケメン成分高めの弟分グループの中でも群を抜いたルックスで、不良役を熱演。今後もLDHのイケメン枠として起用が続きそうな気配がムンムン。

この続きをみるには

この続き: 6,080文字 / 画像5枚
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サイゾー
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)