男性アイドル集団は完成された宗教なのか――多神教ニッポンで考えるジャニーズの「宗教性」「聖性」

――真言宗の僧侶の家庭に生まれた、ジャニーズ事務所代表のジャニー喜多川社長。この出自が関係しているかどうかは定かでないが、ジャニーズとファンの関係は宗教のそれと類似している……という指摘がある。では、宗教に造詣の深い識者はどうみているのだろうか?

サイゾーの読者でないにしろ、多少なりとも芸能界に精通している人であれば、「ジャニーズとファンの関係は宗教的である」などという説を耳にしたことがあるだろう。徹底的に統制されたファンの行動や、ファンクラブの会員のみに門戸が開かれたコンサートチケットの購入システム(後述)など、ファン心理を突いたビジネスモデルを見るまでもなく、妄信的(に見える)なファンのジャニーズタレントに対する振る舞いは、まさに巨大宗教団体の信者と対比して語られることがある。ジャニーズ事務所代表であるジャニー喜多川社長の父親が、真言宗の僧侶であることも、こういった説のもっともらしさを後押ししているのかもしれない。

この続きをみるには

この続き: 5,902文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

男性アイドル集団は完成された宗教なのか――多神教ニッポンで考えるジャニーズの「宗教性」「聖性」

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

嵐とEXILE【2014年8月号第1特集】
嵐とEXILE【2014年8月号第1特集】
  • 28本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。