各社それぞれの経営努力はどう転ぶのか?パターン別・アニメスタジオ生存戦略

――生存戦略には、おおまかにいってこの5パターンがある。それぞれに該当する老舗から新興まで、注目作を生んでいるスタジオをご紹介。

【資金力はいまだ絶大!】 
―テレビ局傘下系―

衰えたとはいえ、存在感も資本力も絶大なテレビ局。その力を借りたいスタジオと、コンテンツ力の恩恵を受けたい局側、両者の持ちつ持たれつな関係は、しばらく拡大傾向になりそうだ。

■日テレとの蜜月はいつまで続く!?
スタジオジブリ

設立年/1985年 所在地/東京都小金井市 代表作/『天空の城ラピュタ』ほか
ジブリと日本テレビの強いつながりは、ジブリアニメが同局でしか放映されないことからも明らか。その理由のひとつに、日テレ代表取締役会長の故・氏家齊一郎との密接な関係がある。高畑勲監督作品を愛した氏家氏は、公私ともにジブリをサポートしてきた。しかし、氏家氏もこの世を去り、ジブリ自体の形態も変わることになって、今後両社の関係がどう変化していくか注目である。なお、日テレはほかにもマッドハウス、タツノコプロなどアニメ制作会社を続々と傘下に収めている。

この続きをみるには

この続き: 3,209文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

アニメ[禁]事情【2014年11月号特集】

または、記事単体で購入する

各社それぞれの経営努力はどう転ぶのか?パターン別・アニメスタジオ生存戦略

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)