見出し画像

【作家・瀬名秀明】が語る科学と社会の関係を映すSF――STAP細胞ができたとして、人間の倫理はどうなるか?

――ロボット、コンピュータ、生命科学、現実がすぐにフィクションに追いついて追い越していくような社会状況の中で、SF小説は何ができるのか?自身ももともと理系の研究者であるSF小説家の瀬名秀明氏に、その可能性を尋ねてみた。

一時期に比べて、昨今日本のSFが元気になっている印象がある。大ベストセラーとはいかないものの、話題作が年に数点生まれ、12年には円城塔氏【『道化師の蝶』(講談社)、『SelfーReference ENGINE』(早川書房)ほか】が芥川賞を受賞し、昨年は故・伊藤計劃氏【07年『虐殺器官』(早川書房)でデビュー。2年後に肺がんで逝去】がフィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞するなど、ニュースに上がる機会も多い。いま再び日本のSFは盛り上がりつつあるのではないだろうか? 科学技術の進展もなおのこと著しい現代で、SFに何ができるのか。当のSF作家である瀬名秀明氏に尋ねた。

この続きをみるには

この続き: 6,474文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【作家・瀬名秀明】が語る科学と社会の関係を映すSF――STAP細胞ができたとして、人間の倫理はどうなるか?

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

ヤバイ本150冊【2014年9月号第1特集】
ヤバイ本150冊【2014年9月号第1特集】
  • 16本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。