【クスリに溺れた女たちの覆面座談会】中毒、援交、堕胎、自傷…“ドラッグ女子”の悲惨な現実

――言うまでもなく、ドラッグに手を染めることは犯罪であるが、社会には薬物依存者が存在し、その中には当然女性もいる。服役経験のある覚せい剤中毒者に、売人の男をセフレにした10代、精神安定剤に依存するメンヘラ――。そんな“ドラッグ女子”の会話に耳を傾ければ、ニッポンのウラ側が見えてくる!

『不思議の国のアリス』が描かれたLSDのシート。まさにサイケデリック!

【座談会参加者】
A:30代前半DJ
B:20代前半無職
C:10代後半ダンサー

――ドラッグに依存するようになったきっかけを教えてください。

A 初めてクスリを使ったのは15歳。母親と性格が合わず、我慢できなくなって家出したときに、ナンパされたチンピラとセックスして、その男から「やってみる?」とシャブ(覚せい剤)を薦められたのがきっかけ。最初からポンプ(注射器)だった。その後、マリファナ、LSD、MDMA、コカインと大体のクスリをやったかな。高校を中退してからは、出会い系サイトで覚せい剤を持っていそうなヤクザの男を探して、1グラム1万8000円くらいで買ったり、セックスする代わりにもらったり。

B 私は、中2のときにPTSDになり、病院で精神安定剤を処方してもらうようになった。薬の種類をいろいろ変えたし、量も増えたし、いまだに毎日何種類も飲み続けてる。PTSDになったのは、シングルマザーの家庭で親にかまってもらえなかったこととか、いろんなストレスが溜まったせいだと思う。精神安定剤を服用するようになってからは、その副作用で朝起きられなかったり、気持ち悪くてゴハンが食べられなかったりして、学校に行けなくなって。先生も友達も「アイツ、やべぇ」って理解してくれなかった。そもそも、母親の八つ当たりにイライラして、その矛先が自分に向かい、小学生の頃からリスカもしてたよ。

C ウチは家族仲はいいんだけど、両親がヤンキーで、私も中学の頃から夜遊びしてたのね。ある日、ナンパしてきた男に脱法ハーブを吸わされたのがきっかけでクスリにハマって、コーク(コカイン)、赤玉(睡眠薬のエリミン)、クサ(大麻)なんかをやるように。でも、赤玉は合わなくてすぐやめた。記憶飛んじゃうし。

A シャブは?

C シャブはヤバそうだから避けてたんだけど、高校時代のセフレがディーラー(売人)で、そいつにケツの穴に注入されたんだよね。あと、腕押さえられて無理やり注射された。バイトに行こうとしても、クラクラで動けなくなったりしてたよ。

A 快感度はシャブがダントツ。量がどんどん増えちゃう。ハマると歯ぎしりするようになるから、歯がボロボロ。上の前歯は全部差し歯だし、奥歯も全部入れ歯だよ。

B へぇ、私が使うのはダウナー系のクスリばかりだから、アッパー系は経験がなくて。

この続きをみるには

この続き: 2,381文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

【クスリに溺れた女たちの覆面座談会】中毒、援交、堕胎、自傷…“ドラッグ女子”の悲惨な現実

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)