ナマモノ歴10年の腐女子がその深奥な魅力を訴える――菅田将暉には抱かれるべし!福山のBL妄想を一刀両断

本文では「ナマモノ」のタブー性について触れてきたが、ではこれを愛好する人々は、なぜ二次元ではなく実在する人物を使ったBL作品に惹かれるのか? 腐女子の心理に迫りつつ、福山雅治がラジオで行ったBL妄想についても解説する。

「家族になろうよ」もいいけど、ましゃの良い声で禁断の不倫BLドラマCD作って!

 今夏、開催されたコミックマーケットの参加サークル数は3万を超えるというから、そこで取り扱われた同人誌の数はさらに多いだろう。しかし、カタログを見ると、ナマモノ・半ナマを扱った同人誌を出しているサークルの割合はだいたい全体の3~4%以下程度。やはり二次元を扱うものよりも圧倒的に数は少ない。そんなニッチな世界にハマってしまうオタクの心理とはいかなるものか。ナマモノ二次創作を一筋に愛して10年という腐女子はこう語る。

「ナマモノの魅力は、やっぱり肉体という実体があることですね。私たちの妄想はフィクションですが、実体は存在する。だから、妄想にもリアリティを持たせることができるわけです。それから、二次元は原作者の作為でしかキャラクターが動かないけど、ナマモノは例えばグループ脱退とか、活動休止とか、結婚とか、予期せぬアクシデントが無作為に起こるじゃないですか。それがBLの物語を創造する上で良いスパイスになります」

 二次元という他人の作為ではなく、実在の人物が持つドキュメンタリー性=無作為の部分にオタクの作為を介入させることがカタルシスなのだという。ところで、本文中でも触れたが、福山雅治氏がラジオで行ったBL妄想についてはどう思ったか。前出のナマモノ腐女子の意見を聞いた。

この続きをみるには

この続き: 699文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

ナマモノ歴10年の腐女子がその深奥な魅力を訴える――菅田将暉には抱かれるべし!福山のBL妄想を一刀両断

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

日本のタブー 2017【2017年9月号第1特集】
日本のタブー 2017【2017年9月号第1特集】
  • 20本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。