天皇陛下の祭祀は年30回以上――『昭和天皇実録』で知る宮中祭祀の“伝統と今”――皇室メディアと宮内庁の対立【2】

――今年3月から刊行がスタートした『昭和天皇実録』(東京書籍)。周知の通り、昭和天皇の生誕からの事蹟を膨大な資料でまとめたものである。ここに描かれているさまざまな祭祀を見ていこう。

 全18巻と索引を合わせ、平成31年までをかけて刊行されることが決定している『昭和天皇実録』。幼少期をまとめた第一巻には、当時の陛下がどのような遊びをしたかまで詳しく書かれている。ただ、全巻を通して頻繁に現れるであろう事柄は、宮中で行われるさまざまな祭祀だ。

『昭和天皇実録 第一』(東京書籍)

この続きをみるには

この続き:1,322文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

天皇陛下の祭祀は年30回以上――『昭和天皇実録』で知る宮中祭祀の“伝統と今”――皇室メディアと宮内庁の対立【2】

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。