CGMはやっぱりオワコン化の運命? アットコスメはステマ? コスメ業界ネット宣伝事情

CGMはやっぱりオワコン化の運命? アットコスメはステマ? コスメ業界ネット宣伝事情

――大手メディアに大量の広告を投下して安心感を作り出し、ブランドの価値を高めてきたコスメ業界。ただし昨今では、ネットでの口コミなどから売れ筋商品が作られることも多いとか。そこで利用されるネット宣伝事情とは?

CGMサービスとして、販売元からの信頼が厚いアットコスメ。しかし、若い子は、「ここに書き込んでる人は、化粧品をひとつに決められない人」と判断して、離れつつあるという声も。

 インターネットの普及により、広告業界のマーケティング手法が著しく変化して久しい。テレビなどマスメディアに多額を払って認知度を高めるような、従来の手法は、効果が薄れ始めているという。

「マスメディアは、認知という側面ではいまだに根強い影響力を持っています。しかし、実際に購買までつながっているかというと、その割合は下がっていると見るのが正しいでしょう。以前より消費者は情報に多く接することができるので、インスタグラムなどのSNSや、ネット上の口コミを通じて購入する比率が徐々に増えています」(広告代理店関係者)

この続きをみるには

この続き: 1,186文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

CGMはやっぱりオワコン化の運命? アットコスメはステマ? コスメ業界ネット宣伝事情

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)