フリーメイスンと都市伝説――ネタ消費されるフリーメイスンの代表的都市伝説を紹介

――都市伝説や陰謀論は、歴史的な人物や事象と絡むことで、その信ぴょう性が増強される。ここでは、ネタとして消費されるフリーメイスン都市伝説の有名な話を紹介する。

■江戸時代から日本に?
【1】坂本龍馬はフリーメイスンに操られていた?

日本で有名な都市伝説としては、坂本龍馬の説。龍馬は貿易で7800挺のライフル銃と軍艦を仕入れたが、海外とのパイプなしに巨額の資金を動かせるわけもなく、そこで手を貸したのがスコットランド出身の商人・トーマス・グラバーだった。グラバーがメイスンだったという話から広がっているが、実際にその証拠は見つかっていない。グラバー邸前にある、メイスンのマークが記された石柱も移設されたものなのだとか。

■お札デザインの謎
【2】フリーメイスンと紙幣の関係

アメリカ紙幣で有名なのが1ドル札。表にはフリーメイスンメンバーの米初代大統領、ジョージ・ワシントンが描かれ、裏にはピラミッドの頂点にシンボルマーク「プロビデンスの目」も。世界の金融を支配しているフリーメイスンのロスチャイルド家の暗号といわれている。日本の紙幣でも1000円札に描かれた逆さ富士がメイスンの聖地である「シナイ山」に酷似しているなどさまざまな説がある。

この続きをみるには

この続き: 1,042文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
または、記事単体で購入する

フリーメイスンと都市伝説――ネタ消費されるフリーメイスンの代表的都市伝説を紹介

サイゾー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
“視点をリニューアルする情報誌”『サイゾー』のnoteです。世の中に溢れる膨大な情報の中から“検索できない真実”を。ジャーナリズムより柔軟で、エンターテインメントよりも鋭く、世の中を見る目がクリアになる情報をお届けします。(*月刊誌『サイゾー』から記事を配信していきます)

こちらでもピックアップされています

日本のタブー 2017【2017年9月号第1特集】
日本のタブー 2017【2017年9月号第1特集】
  • 20本
  • ¥500
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。